イーデザイン損保の評判・評価レビュー

2017年9月更新:イーデザイン損保自動車保険評価レビュー

イーデザイン損保のイメージ

 

 

東京海上グループの事故対応品質!

 

 

そんなアピールで注目を集めているのがイーデザイン損保の自動車保険です。

 

開業が2009年とまだ始まって間もない会社ではありますが、国内大手損保グループ系のダイレクト型(通販型)自動車保険としては安めの保険料に強みがあります。

 

そして何より、日本の損保業界を長年リードし続けてきた東京海上グループのブランド力とネットワークを生かして事故対応力でも好評価を得ています。

 

当サイトのテーマである「ローコスト&安心」にもマッチしているため、B+評価と平均以上のランキングづけとしています。

 

その特徴、他社の自動車保険と比較した場合の違いはどこにあるのでしょうか?また、「東京海上グループの事故対応品質」とは何なのでしょうか?

 

以下に説明します。

 

(最終更新:2017年9月)

「そもそも自動車保険ってどんな仕組み?」「ダイレクト自動車保険って何?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


イチからわかる!ダイレクト自動車保険おすすめ比較ランキング2017



<PR>当サイトでは自動車保険の効率的な選び方としてまず「各社の保険料を比較する」ことからおすすめしています。自分の車の保険料を見積もりたい方は先に以下をご利用ください。



▼最短5分!最大20社の一括見積もり(無料)

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ

※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ


スポンサーリンク

 

 

保障内容はスタンダードなものが中心

 

まず、主な補償内容と評価は以下のようになります。

 

 

イーデザイン損保「自動車保険」
イーデザイン損保公式サイト
  • 走行距離による保険料区分:あり
  • ネット割引:新規、継続ともに10,000円
  • 特約:13種類(4種類が自動セット)
  • 事故の初期対応時間:平日・土日ともに9時〜21時
  • 事故処理拠点:東京、大阪の2地域

 

保険料の安さ 事故対応力 ロードサービス 総合評価

B+ 

B+ 

B+ 

B+ 

 

 

自動車保険の基本的な仕組みはどこでもほぼ共通ですので、メインである4種の保険セット(対人賠償、対物賠償、人身傷害、車両)に他社との大きな違いはありません。

 

 

当サイトおすすめプラン


対人賠償保険 : 無制限
対物賠償保険 : 無制限
人身傷害保険 : 3000万円
搭乗者傷害保険 : 不要
車両保険 : 状況によって必要


必要な特約

  • 弁護士費用の補償
  • 対物超過修理費用の補償
  • ファミリーバイク特約(原付バイク所有者のみ)

※「無保険車傷害保険」と「自損事故保険」は自動セットされるので検討対象外。

 

参照
結論!安い&安心重視のベストな自動車保険プランとは?

 

 

ただイーデザイン損保にはダイレクト型自動車保険としては珍しい「車両保険無過失事故の場合の特則」がついています。

 

これは「自分に過失のない”もらい事故”で車両保険を使っても等級が変わらない」という優れた特則でイーデザイン損保の強みのひとつと言えます。

 

参照
どこでもほぼ同じ!自動車保険の基本セット「4つの保険」をもう一度確認しよう(準備中)

 

もらい事故ならノーカウント!車両無過失事故特約とは?

 

 

特約は、イーデザイン損保では「弁護士費用等補償特約」「他者運転危険補償特約」が自動セットされます。

 

当サイトですすめる最低限必要な特約は「弁護士費用の補償」「対物超過修理費用の補償」ですので、イーデザイン損保の場合はさらに「対物超過修理費用補償特約」をセットする必要があります。

 

原付バイクに乗るならさらに「ファミリーバイク特約」も必要となります。

 

参照
ローコスト&最低限で備えるなら自動車保険に必要な特約は二つだけ!

 

 

その他の特約には「女性のお顔手術費用特約」などユニークなものもありますが必須と言えるものはなく、ここは契約者の意向次第となります。

 

「イーデザイン」という名称には「自分好みのプランを自由にデザインできる」という意味が込められているそうですが、全体的にはスタンダードな内容となっています。

 

 

国内大手損保系のダイレクト自動車保険としては上位レベルの安さ

 

イーデザイン損保の保険料は、外資系のチューリッヒや安さ勝負のSBI損保などに比べるとやや高めとなる傾向にありますが、国内大手損保グループを親会社に持つダイレクト型自動車保険としては上位レベルの安さとなっています。

 

 

<保険料の安さ 参考ランキング>

 

ランク

SBI損保

A

セゾン(おとなの自動車保険)

A

チューリッヒ

A

イーデザイン損保

B+

アクサダイレクト

B+

三井ダイレクト

B+

ソニー損保

B

そんぽ24

C

セコム損保

C

 

参照
保険料の安さで徹底比較!ダイレクト自動車保険ランキング2015

 

 

イーデザイン損保は特に若い世代の契約者にとって安くなる傾向があり、保険料の安さ重視で選びたい方にとっては十分、検討してみる価値があります。

 

割引プランについても、ネット割引10000円は他社と比較してもトップクラスで、早期申込割引、セカンドカー割引なども充実しています。

 

「保険料を安く抑えたいが、安心の国内大手系列が良い」という方にはうってつけと言えるでしょう。

 

 

最大の強みは「東京海上グループ」ブランドの事故対応品質!

東京海上グループのサイト

 

イーデザイン損保が、その強みとして一番にアピールしているのが東京海上グループの事故対応品質です。

 

自動車保険や損保業界に詳しくない方にとってはあまりピンと来ない表現かも知れませんが、確かにこの点は大きなメリットです。

 

イーデザイン損保は日本の三大大手損保、いわゆる「三メガ損保」のひとつ、東京海上グループ系列の会社です。

 

東京海上グループ(東京海上ホールディングス)は、明治時代に生まれた日本人による最初の保険会社「東京海上保険」を出発点としてずっと日本の損保業界のリーディング・カンパニーであり続けています。

 

現在、グループの規模そのものは、統合・合併をしていったMS&ADグループ(MS&ADホールディングス)、損保ジャパン日本興亜グループ(SOMPOホールディングス)と近いものとなりましたが、その能力や人材の優秀さ、仕事の丁寧さにはずっと定評があり、損保業界から「ナンバーワン」と高い評判を受け続けています。

 

他の損保会社が東京海上グループに「追いつけ、追い越せ」を合言葉として目標としてきたほどです。

 

 

エリート男性

 

 

イーデザイン損保は、この東京海上グループの代理店型損保「東京海上日動火災保険」の人材やノウハウ、事故対応ネットワークを活用しているのが大きな強みです。

 

実際、イーデザイン損保はダイレクト型自動車保険としてはまだ新しい会社であるにも関わらず、各種の事故対応満足度ランキングで高めの評価を得ています。

 

 

<事故対応力&ロードサービス参考ランキング>

 

事故対応力

ロードサービス

ソニー損保

A

A

チューリッヒ

A

A

イーデザイン損保

B+

B+

セゾン(おとなの自動車保険)

B+

A

そんぽ24

B

B+

セコム損保

B

B

三井ダイレクト

B

B+

アクサダイレクト

B

B+

SBI損保

B

A

 

参照
事故対応力で徹底比較!ダイレクト自動車保険ランキング

 

ロードサービスで徹底比較するダイレクト自動車保険ランキング

 

 

実際に事故にあった時の初期対応時間も平日・土日ともに0時〜21時までと他社と比べても高いレベルにあります。

 

参照
事故「受付」よりも事故「対応」!自動車保険の初期対応時間を知っておこう(準備中)

 

 

ロードサービスについても、車が使えなくなった際の帰宅・宿泊費の補償がない点はマイナスポイントですが、無料レッカー距離60km、バッテリー上がり対応の回数制限が無いなど標準以上の内容となっています。

 

以上を踏まえると、イーデザイン損保はローコストでありながら安心の事故対応品質を併せ持ったダイレクト型自動車保険であると評価することができます。

 

 

事故処理拠点「地域数」にやや不安も

コールセンター

 

一方、イーデザイン損保で気になる点には事故処理拠点地域の少なさが挙げられます。

 

例えばソニー損保は全国に9地域の事故処理拠点を持ち、事故の際は必要に応じて面談もするとはっきり示していますが、イーデザイン損保は拠点地域は東京・大阪のみとなっており面談サービスについても明示していないので、この点を比較するとやや心もとない印象を受けます。

 

事故調査については東京海上グループの損害調査ネットワークがあるので信頼できますが、例えば保険金支払いについての話がこじれて面談が必要と感じても対応しづらくなる可能性がありますので、東京・大阪以外の方にとってはやや不安があります。

 

参照
事故処理拠点「地域数」の重要性とは?(準備中)

 

 

基本的に自動車保険の事故処理は面談までするケースはめったになく、イーデザイン損保は第三者機関による高い満足度もありますので大きく気にする必要はないとも言えます。

 

ただ東京、大阪以外にお住まいの方で事故処理拠点が自分の住む地域にあったほうがより安心と考える方の場合は、より拠点地域数の多いソニー損保や、親会社の損保ジャパン日本興亜グループに事故処理を任せているセゾン「おとなの自動車保険」なども候補として考えてみたいところです。

 

参照
品質重視&シェア1位の安定感!ソニー損保の評判レビュー

 

40代未満でも様々な強みあり!セゾン「おとなの自動車保険」評判レビュー

 

 

イーデザイン損保はまだできて間もない会社ですので、今後、事故処理地域数の少なさについては、拡充して改善されていくことを期待したいところです。

 

 

総評&どんな人がイーデザイン損保を選ぶべき?

 

保険料を安めに抑えつつ、国内大手の「東京海上グループ」というブランド力を誇るイーデザイン損保は、おすすめダイレクト自動車保険のひとつと評価することができます。

 

当サイトでは自動車保険の本質は事故対応力にあると考え、保険料と同じくらい事故対応力を重視した自動車保険選びを提案しています。

 

「ローコスト」と「事故対応力」を重視して自動車保険を選ぶなら、イーデザイン損保は積極的に検討する価値があると言えるでしょう。

 

当サイトの他社の比較レビュー、自動車保険ランキングもぜひご参照ください。

 

最短5分!最大20社の自動車保険料を一括見積もり&比較する


1分でできる!車が一番高く売れる無料一括査定

 

ローコスト&事故対応力で徹底比較!ダイレクト自動車保険ランキング

 

評価A


<PR>ベストな自動車保険選びは保険料の比較から

各損保のロゴ


自動車保険を選ぶなら、まず先に保険料の比較から始めるのが効率的です。


様々な条件で変動する自動車保険料の比較は「一括見積もりサイト」を利用するのが最も便利です。


安心の大手「保険スクエアbang」なら、最短5分最大20社の一括見積もりが可能です。


↓見積もりはこちらから↓

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ



スポンサーリンク





カテゴリ一覧

<PR>1分でできる!車が一番高く売れる無料一括査定

車と女性 


車はどこに売るかによって大きな金額差が出ることをご存知ですか?


車種によっては20〜30万円もの差となる各社の買い取り価格は、なるべく多くの見積もりをとるのがベストです。


一括見積もりサービス「かんたん車査定ガイド」なら最短1分の申し込みで、最大10社の一括査定を受けられます。



ボタン 査定サイトへ 





ホーム 目次 最新ランキング 賢い自動車保険のコツとは?