保険料の安さから選ぶインターネット自動車保険の評価

2018年更新:保険料の安さで選ぶ!インターネット自動車保険ランキング

貯金する女性

 

会社名クリックで評価レビューへ

 

保険料の安さ

事故対応力

ロードサービス

総合評価

SBI損保

A

B

A

B+

セゾン(おとなの自動車保険)

A

B+

A

A

チューリッヒ

A

A

A

A

イーデザイン損保

B+

A

B+

B+

三井ダイレクト B+ B B+ B+
ソニー損保

B+

A

A

A

アクサダイレクト

B

B+

B+

B+

セコム損保

B

B

B

B

代理店型損保

C

会社名クリックで評価レビューへ

 

参考資料

  • JDパワー自動車保険・事故対応満足度調査
  • オリコン事故担当者満足度調査
  • 価格.com自動車保険満足度ランキング
  • 「週刊ダイヤモンド」自動車保険ランキング
  • 各社公式サイト

「そもそも自動車保険ってどんな仕組み?」「安さで人気のインターネット自動車保険(ダイレクト自動車保険)って何?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


イチからわかる!インターネット自動車保険おすすめ比較ランキング2018



<PR>当サイトでは自動車保険の効率的な選び方としてまず「各社の保険料を比較する」ことからおすすめしています。自分の車の保険料を見積もりたい方は先に以下をご利用ください。

▼最短5分!最大20社の一括見積もり(無料)

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ

※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ


スポンサーリンク

安さが嬉しいインターネット自動車保険

 

自動車保険を選ぶうえで最も気になるのが保険料の安さですね。

 

補償内容や事故対応力も重視して考えたい場合であっても、まずは安い自動車保険がどれかをある程度知っておいてから検討するほうが効率的です。

 

ここでは保険料の安さをランクづけして並べ、他の要素(事故対応力、ロードサービス)も合わせて表記しました。

 

インターネット自動車保険(ダイレクト自動車保険、通販型自動車保険)は代理店を挟まずにネットから直接、損保会社とやり取りすることで安い保険料を実現しています。

 

コストパフォーマンスを気にする方ならぜひ検討してみたいところです。

 

 

※従来の「代理店型」自動車保険のイメージ

代理店型

 

※インターネット自動車保険(ダイレクト自動車保険)のイメージ

通販型

 

そもそも自動車保険はリスク細分型といって、「等級」「年間走行距離」「使用目的(通勤、レジャー)」「車両保険の有無」「免許証の色(ブルー、ゴールド)」「住んでいる地域」など、たくさんの要素をふまえて事故率を推定し、保険料が決められます。

 

ドライバー個々の事情、状況によって保険料が大きく変わるので、生命保険のように各社の保険料の単純比較が難しいという一面もあります。

 

そこで参照したいのが、第三者機関によるリサーチです。

 

自動車保険料に関しては週刊ダイヤモンド誌、価格.com、オリコンなどが毎年リサーチを行っており、それらを合わせて参照することで各社のコストパフォーマンスの大まかな傾向を掴むことができます。

 

先に各社の総合評価を挙げると以下の通りです。

 

 

※保険料の安さランキング比較順位&総合評価

週刊ダイヤモンド 価格.com オリコン 総合評価
SBI損保 A
おとなの自動車保険 A
チューリッヒ A
イーデザイン損保 B+
三井ダイレクト B+
ソニー損保 B+
アクサダイレクト B
セコム損保 B

参考
「週刊ダイヤモンド2018/4/28・5/5合併号最新版自動車保険ランキング」「価格.com自動車保険保険料満足度ランキング2018」「オリコン自動車保険保険料満足度ランキング2018」

 

 

まず週刊ダイヤモンド誌は毎年、ドライバーの年代(20代、40代、60代など)、車種ごと(ベンツ、プリウスなど)に保険料の見積もりを行っています。

 

インターネット型、代理店型すべてを含めた保険料リサーチを行っていますが、ここではインターネット自動車保険に絞って順位を引用比較します。

 

 

プリウス

20代 40代 50代 60代
ソニー損保
イーデザイン損保
おとなの自動車保険
SBI損保
セコム損保
三井ダイレクト
チューリッヒ
アクサダイレクト

 

ベンツ

20代 40代 50代 60代
ソニー損保
イーデザイン損保
おとなの自動車保険
SBI損保
セコム損保
三井ダイレクト
チューリッヒ
アクサダイレクト

 

 

年代ごとに多少の差はあるものの、全体としてはSBI損保、セゾン「おとなの自動車保険」、チューリッヒなどが安さで目立っています。

 

そして、オリコンと価格.comに関しては保険料リサーチではなく「保険料満足度」というかたちでユーザーにアンケートを実施しており、その結果は以下の通りとなっています。

 

 

※保険料満足度リサーチ順位

オリコン 価格.com
ソニー損保
イーデザイン損保
おとなの自動車保険
SBI損保
セコム損保
三井ダイレクト
チューリッヒ
アクサダイレクト

 

 

ここでもSBI損保やセゾン「おとなの自動車保険」などが上位に入っており、各社のリサーチには共通した傾向が見て取れます。

 

以下に、これら各リサーチを総合したうえで保険料の安さで目立つインターネット自動車保険3つ(チューリッヒ、おとなの自動車保険、SBI損保)の特徴を挙げていきます。

 

 

まずはチューリッヒ

 

 

公式サイト

 

以前から保険料の安さには定評のあったチューリッヒですが、最近は事故対応力でも評価を高めつつあります。

 

一般的に自動車保険は、保険料が安い会社ほど事故対応力が弱くなるという傾向があります。

 

これは、保険料を安くするほど人件費などのサポート体制を抑えざるを得なくなっていくからです。

 

しかしチューリッヒはここ1、2年は事故対応力評価でもソニー損保に並んでトップクラスの評価を受けるようになってきました。

 

安い保険料を実現しつつ事故対応力も充実しているという理想的な自動車保険に近づきつつあります。

 

またロードサービスも「業界トップクラス」をアピールする通り充実した内容になっています。

 

ただし、チューリッヒは他社と異なり保険料や補償内容の異なる2つの商品があるなど、ややクセのある一面もありますので、選ばれる際はその特徴、違いを十分理解しておく必要があります。

 

参照
安さ&ロードサービス充実!チューリッヒ自動車保険評価レビュー

 

 

一方、40代以降で保険料の安さが目立つのがセゾン「おとなの自動車保険」です。

 

 

公式サイト

 

 

もともとどの損保でも40代、50代は事故率が低いために保険料は安くなる傾向にあるのですが、「おとなの自動車保険」は特にこの年代の保険料を引き下げることでメリットをアピールしています。

 

60代でもトップクラスの安さとなっており、この年代の方ならぜひ候補に入れておきたいところです。

 

「おとなの自動車保険」は、日本の三大大手損保(いわゆる三メガ損保)のひとつである損保ジャパン日本興亜ホールディングスを母体としている安心感があります。

 

自動車保険全体の中で最も充実した個人賠償責任特約が付帯できたり、最近ではALSOKによる事故現場急行サービスを始めたりとサービスの充実に力を入れています。

 

 

急行サービス

 

 

どの年代の方でもその内容を確認して候補に入れる価値があると言えます。

 

参照
豊富なメリット!おとなの自動車保険評価レビュー

 

 

そしてSBI損保

 

 

SBI損保公式サイト

 

 

2007年に旧ソフトバンク系列のSBIホールディングスとあいおい損保(現在のあいおいニッセイ同和損保)の共同出資により生まれた会社です。

 

ケータイ業界をはじめ、様々なジャンルでの価格破壊を仕掛けてきた孫正義氏を筆頭とするソフトバンクグループの理念がSBI損保のコストパフォーマンスの良さにもつながっています。

 

ここも、保険料の安さを重視して考えるなら候補に入れておきたい選択肢のひとつです。

 

 

まずは必要な補償プランを決めて、各社の特徴を知ることが大事!

 

以上、2018年現在、安さで特に存在感を示しているインターネット自動車保険を3つ挙げました。

 

ただ自動車保険料は様々な要素で決まるため、必ずしもこの2社が最安とは限りません。

 

あなたの車の保険料が各社でどれくらいになるかは、一括見積もりサイトで実際に保険料を算出して確認する必要があります。

 

また、どんな補償プランが欲しいのか(補償額をいくらに設定するか、車両保険は必要か、どんな特約が必要か等)を明確にして、各社の特徴はどこにあるかをしっかり把握することも正しい自動車保険選びには欠かせません。

 

当サイトが提案する「ローコスト&事故対応力」重視のおすすめプランや、各社の比較レビューもぜひご参照ください。

 

最短5分!最大20社の自動車保険料を一括見積もり&比較する


1分でできる!車が一番高く売れる無料一括査定


<PR>ベストな自動車保険選びは保険料の比較から

各損保のロゴ


自動車保険を選ぶなら、まず先に保険料の比較から始めるのが効率的です。


様々な条件で変動する自動車保険料の比較は「一括見積もりサイト」を利用するのが最も便利です。


安心の大手「保険スクエアbang」なら、最短5分最大20社の一括見積もりが可能です。


↓見積もりはこちらから↓

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ



スポンサーリンク




「そもそも自動車保険ってどんな仕組み?」「安さで人気のインターネット自動車保険(ダイレクト自動車保険)って何?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


イチからわかる!インターネット自動車保険おすすめ比較ランキング2018




カテゴリ一覧

<PR>1分でできる!車が一番高く売れる無料一括査定

車と女性 


車はどこに売るかによって大きな金額差が出ることをご存知ですか?


車種によっては20〜30万円もの差となる各社の買い取り価格は、なるべく多くの見積もりをとるのがベストです。


一括見積もりサービス「かんたん車査定ガイド」なら最短1分の申し込みで、最大10社の一括査定を受けられます。



ボタン 査定サイトへ 





ホーム 目次 最新ランキング 賢い自動車保険のコツとは?