三井ダイレクトの評判・評価レビュー

2017年9月更新:三井ダイレクト評価レビュー

三井ダイレクト ヘッダー

 

 

安さ重視!

 

 

三井ダイレクトは、日本国内の三大大手損保のひとつである「MS&ADインシュアランスグループ」を親会社に持つダイレクト(通販型)自動車保険です。

 

その強みは安めの保険料にあり、コストパフォーマンス重視で自動車保険を選びたい方なら候補のひとつに入ってきます。

 

その一方でロードサービスにやや制限があるなどの特徴もありますので、選ばれる際にはその内容をきちんと把握しておく必要があります。

 

では、その具体的な補償内容や他社と比較して見えてくる違いはどこにあるのでしょうか?

 

以下に解説します。

 

(最終更新:2017年9月)

「そもそも自動車保険ってどんな仕組み?」「ダイレクト自動車保険って何?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


イチからわかる!ダイレクト自動車保険おすすめ比較ランキング2017



<PR>当サイトでは自動車保険の効率的な選び方としてまず「各社の保険料を比較する」ことからおすすめしています。自分の車の保険料を見積もりたい方は先に以下をご利用ください。



▼最短5分!最大20社の一括見積もり(無料)

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ

※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ


スポンサーリンク

 

 

主な補償内容と評価

 

まず、主な補償内容と当サイトの評価は以下のようになります。

 

 

三井ダイレクト「総合自動車保険」
公式サイト
  • 走行距離による保険料区分:あり(4区分)
  • ネット割引:新規4000〜10000円 継続3000円
  • 特約:11種類
  • 事故の初期対応時間:平日・休日9時〜19時
  • 事故処理拠点:4地域

 

保険料の安さ 事故対応力 ロードサービス 総合評価

 B+

B 

 B+

B 

 

 

自動車保険の基本的な仕組みはどこでもほぼ共通ですので、メインである4種の保険セット(対人賠償、対物賠償、人身傷害、車両)は三井ダイレクトと他社に大きな違いはありません。

 

 

当サイトおすすめプラン


対人賠償保険 : 無制限
対物賠償保険 : 無制限
人身傷害保険 : 3000万円
搭乗者傷害保険 : 不要
車両保険 : 状況によって必要


必要な特約

  • 弁護士費用の補償
  • 対物超過修理費用の補償
  • ファミリーバイク特約(原付バイク所有者のみ)

※「無保険車傷害保険」と「自損事故保険」は自動セットされるので検討対象外。

 

参照
結論!安い&安心重視のベストな自動車保険プランとは?

 

 

特約は11種類とやや多めですが、当サイトですすめる最低限必要な特約は「弁護士費用の補償」「対物超過修理費用の補償」ですので、三井ダイレクトで契約するなら、「弁護士費用補償特約」「対物超過修理費用補償特約」が最低限必要となります。

 

原付バイクに乗るならさらに「原付特約」も必要となります。

 

参照
ローコスト&最低限で備えるなら自動車保険に必要な特約は二つだけ!

 

 

その他には必須と言える特約はないので契約者の意向に応じてセットするかたちとなります。

 

また三井ダイレクトは最近の改定前までは走行距離による保険料区分がない「走り放題」の仕組みとなっていましたが、改定後は4つの走行距離区分が設定され、走行距離の少ないドライバーほどより安く、多いドライバーほどより高い保険料が設定されるようになっています。

 

参照
走行距離区分のない「走り放題」のダイレクト自動車保険はどれ?(編集中)

 

 

全体的にはスタンダードで明快な商品内容であると見ることができます。

 

 

保険料は上位レベルの安さ

 

一方、三井ダイレクトの保険料はダイレクト型自動車保険の中でも上位レベルの安さとなっています。

 

 

<保険料の安さ 参考ランキング>

 

ランク

SBI損保

A

セゾン(おとなの自動車保険)

A

チューリッヒ

A

イーデザイン損保

B+

アクサダイレクト

B+

三井ダイレクト

B+

ソニー損保

B

そんぽ24

C

セコム損保

C

 

参照
保険料で徹底比較!ダイレクト自動車保険ランキング

 

 

国内の三大損保、いわゆる「三メガ損保」を親グループとするダイレクト自動車保険の中では三井ダイレクトが最安となることも多く、コストパフォーマンスに優れています。

 

近年は自動車保険の価格破壊とも呼べるSBI損保やチューリッヒなどが存在感を強めつつありますが、国内大手グループの安心感も加味すれば決して引けをとってはおらず、この保険料の安さは三井ダイレクトの大きな強みのひとつです。

 

 

標準的な事故対応力

 

三井ダイレクトのロードサービスと事故対応力を他社と比較すると以下のようになります。

 

 

<事故対応力&ロードサービス参考ランキング>

 

事故対応力

ロードサービス

ソニー損保

A

A

チューリッヒ

A

A

イーデザイン損保

B+

B+

セゾン(おとなの自動車保険)

B+

A

そんぽ24

B

B+

セコム損保

B

B

三井ダイレクト

B

B+

アクサダイレクト

B

B+

SBI損保

B

A

 

参照
事故対応力で徹底比較!ダイレクト自動車保険ランキング

 

ロードサービスで比較するダイレクト自動車保険ランキング

 

 

まず事故対応力については、現在、自動車保険の満足度調査で最も権威ある存在のJDパワー社の事故対応満足度調査において、近年、三井ダイレクトは標準的な評価を受けています。

 

これはオリコンや日経ビジネス誌による事故対応力リサーチでもほぼ同様の傾向を示しており、「三メガ損保」のひとつであるMS&ADグループ系列としての安定した事故対応力を感じさせます。

 

事故処理拠点地域が4地域(東京 名古屋 横浜 大阪)と少なめである点は気になりますが、同グループの三井住友海上とも提携して対応するため、安定した事故対応が期待できます。

 

事故の初期対応時間も平日・休日9時〜19時と比較的長めとなっている点も良いです。

 

参照
事故「受付」よりも事故「初期対応」!自動車保険の初期対応時間の大切さとは?(準備中)

 

ロードサービスについては、バッテリー上がりへの対応が「保険期間中1回まで」であったり、車が使えなくなった際の帰宅・宿泊費の補償有料オプションであったりとやや制限がありますが、標準レベルは十分満たしていると言えます。

 

参照
ロードサービスで比較するダイレクト自動車保険ランキング

 

 

総評&どんな人が三井ダイレクトを選ぶべき?

 

「安い保険料」と「三井住友グループの安定した事故対応力」に特徴を持つ三井ダイレクトはコストパフォーマンスと安定性を重視して自動車保険を選びたい方には有力な選択肢となります。

 

ただし実際の保険料を見積もってみると、様々な条件により保険料が異なってくる可能性もありますので、比較見積もりサイトも利用しながら吟味していくのが最善です。

 

当サイトの他社の比較レビュー、自動車保険ランキングもぜひご参照ください。

 

最短5分!最大20社の自動車保険料を一括見積もり&比較する


1分でできる!車が一番高く売れる無料一括査定

 

ローコスト&事故対応力で徹底比較!ダイレクト自動車保険ランキング

 

評価:B 


<PR>ベストな自動車保険選びは保険料の比較から

各損保のロゴ


自動車保険を選ぶなら、まず先に保険料の比較から始めるのが効率的です。


様々な条件で変動する自動車保険料の比較は「一括見積もりサイト」を利用するのが最も便利です。


安心の大手「保険スクエアbang」なら、最短5分最大20社の一括見積もりが可能です。


↓見積もりはこちらから↓

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ



スポンサーリンク





カテゴリ一覧

<PR>1分でできる!車が一番高く売れる無料一括査定

車と女性 


車はどこに売るかによって大きな金額差が出ることをご存知ですか?


車種によっては20〜30万円もの差となる各社の買い取り価格は、なるべく多くの見積もりをとるのがベストです。


一括見積もりサービス「かんたん車査定ガイド」なら最短1分の申し込みで、最大10社の一括査定を受けられます。



ボタン 査定サイトへ 





ホーム 目次 最新ランキング 賢い自動車保険のコツとは?