自動車保険見積もりの落とし穴とは?

自動車保険見積もりの落とし穴とは?

ヘッダー 自動車保険見積もりの落とし穴 

 

 

自動車保険をもっと安くしたい!

 

 

毎年、保険料を見るたびにそう思う方は多いのではないでしょうか。

 

そんな時にぜひ活用してみたいのが、インターネットから無料で簡単にできる「自動車保険の一括見積もりサービス」です。

 

これを使えば、最短5分程度の入力で最大20社からあなたの車の保険料を簡単に見積もり比較することができます。

 

保険料をなるべく節約したいと考えるなら、ぜひ活用してみたいサービスです。

 

しかし、ただ保険料を比較するだけではわからないことが多すぎます。

 

 

  • そもそも自動車保険ってどんな仕組み?
  • 安さ以外で各社のサービスにはどんな違いがあるの?
  • よく広告で見るネット自動車保険(ダイレクト自動車保険)って何?
  • 今、一番安心で評判の高い自動車保険はどこ?

 

 

これらがわかっていないと、「安いだけでいざという時に役立たなかった!」という落とし穴にはまってしまう可能性があります。

 

ここでは自動車保険の一括見積もりの効果的かつ簡単な活用法、あなたにベストな自動車保険の選びのコツ、今おすすめの自動車保険についてお伝えしていきます。

「そもそも自動車保険ってどんな仕組み?」「安さで人気のインターネット自動車保険(ダイレクト自動車保険)って何?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


イチからわかる!インターネット自動車保険おすすめ比較ランキング2018



<PR>当サイトでは自動車保険の効率的な選び方としてまず「各社の保険料を比較する」ことからおすすめしています。自分の車の保険料を見積もりたい方は先に以下をご利用ください。

▼最短5分!最大20社の一括見積もり(無料)

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ

※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ


スポンサーリンク

 

 

自動車保険とはどんな仕組み?

運転する男性

 

そもそも、日本の自動車保険は国の自賠責保険(強制的に加入)と民間の任意保険(加入は個々の判断)の2つから成り立っています。

 

そして、一般に任意保険のことを指して自動車保険と呼ばれることが多いです。

 

自賠責保険だけだと「最低限の補償」しか得られないので、ふだんから車に乗るドライバーなら任意保険は必須と言えるものです。

 

 

※自賠責保険と任意保険の主な比較

 

自賠責保険

自動車保険(任意保険)

相手への補償 ケガ・死亡

車・物

×

自分への補償 ケガ・死亡

×

車・物

×

その他 示談交渉

×

ロードサービス

×

 

参照
自動車保険(任意保険)とは絶対に必要な「上積み保険」!

 

 

任意保険は、車を購入したディーラーや保険代理店を通じて加入するケースが多いのですが、最近ではそれらを通さずにドライバーが損保会社と直接契約する通販型自動車保険(インターネット自動車保険)が広がりを見せています。

 

損保会社と「直接」契約することからダイレクト自動車保険とも呼ばれます。

 

 

※従来の「代理店型」自動車保険のイメージ

代理店型 

 

※ダイレクト自動車保険(インターネット自動車保険)のイメージ

通販型 

参照
ダイレクト自動車保険とは?安い&おすすめの3つの理由

 

 

ダイレクト自動車保険は、代理店やディーラーを通さないぶん保険料を安く設定できるのが一番の魅力です。

 

かつては「ダイレクト自動車保険は安いぶん事故対応力やサービスが劣る」とも言われてきました。

 

しかし近年はソニー損保が事故対応力で毎年トップクラスの評価を受けたり、セゾン「おとなの自動車保険」が事故現場にALSOKスタッフを派遣する現場急行サービスを開始するなど、サービス内容も充実してきました。

 

 

公式サイト 

 

公式サイト 

 

 

当サイトでも「ローコストで安心の自動車保険選び」をコンセプトに、まずはダイレクト自動車保険をおすすめしています。

 

 

かんたん比較!自動車保険の一括見積もりサービスとは

スマホを操作する女性

 

そんな各社の自動車保険料比較にとても便利なのが一括見積もりサービスです。

 

これは、ネット上であなたの車のメーカーや車種などいくつかの条件を入力することで、各社の保険料を簡単に一括で見積もることができるというサービスです。

 

無料で手軽に始められますので、自動車保険の継続や乗り換えを考える際にはぜひ活用したいところです。

 

この一括見積もりサービスを提供している会社は多くありますが、当サイトでは最大手のひとつで最短5分、最大20社の見積もりができる「保険スクエアbang!」をまずおすすめしています。

 

 

※一括見積もりサイト 保険スクエアbang!

一括見積もりサイト 

 

 

一括見積もりをやってみる場合に気をつけるポイントは以下の通りです。

 

 

  • 比較するのはあくまで保険料のみ
  • 各社で商品内容は少しずつ異なるので「大まかな比較」として考える
  • 見積もりを依頼すると損保会社から見積もり以外にも案内メールが届くことがある(電話がかかってくることはほぼない)

 

「保険スクエアbang!」の一括見積もりを早速やってみたい方はこちらから

 

 

安い「だけ」で選んではいけない!

バツをする男性 

 

実際にこの一括見積もりをやってみると、各社の保険料の比較が簡単にできるので、つい最も安いところを選んでしまいたくなります。

 

しかし待ってください。自動車保険選びの決め手は安さだけではありません。

 

当サイトでは自動車保険選びの大事なポイントに「事故対応力」を挙げています。

 

 

自動車保険の本質は事故対応力にあります。

 

 

近年は1億円以上の賠償金を請求される深刻な事故のケースも珍しくありません。

 

だからこそ、いざ事故を起こした時のサポート体制はどうなっているのか?事故処理・保険金の支払いはスムーズに行われるのか?示談交渉は適切に進められるのか?こうした事故対応力こそ自動車保険選びでは最重要視されるべきです。

 

当サイトでは毎年、オリコンやJDパワー社、週刊ダイヤモンドなど複数の第三者評価をもとに保険料や事故対応力を中心に独自評価したランキングづけをしています。

 

そして、2018年時点でのダイレクト自動車保険の評価は以下の通りとしています。

 

 

総合評価

保険料の安さ

事故対応力

ロードサービス

ソニー損保

A

A

A

チューリッヒ

A

A

A

A

セゾン(おとなの自動車保険)

A

A

A

イーデザイン損保

B+

A

SBI損保

B+

A

B

A

三井ダイレクト

B+

B

アクサダイレクト

B+

B

セコム損保

B

B

B

B


 

参照
安い&事故対応力重視で選ぶ!ダイレクト自動車保険最新ランキング

 

 

今、おすすめの自動車保険3つはこれ!

 

現在、総合的にA評価として特におすすめしている3社の主な特徴を以下に述べます。

 

 

ソニー損保

公式サイト 

 

「ダイレクト自動車保険売上ナンバーワン!」とアピールして、ダイレクト自動車保険の中で今最もシェアが高い代表的な存在がソニー損保です。

 

その事故対応力については常にトップクラスの評価を得ており安心、安定感のある内容と評価できます。

 

最近は「安全運転するほど保険料が安くなる」というテレマティクス保険も日本で初めて導入するなど、常にサービス向上に力を入れている印象が強いです。

 

ソニー損保は安さ勝負というより「納得感のある保険料」を目指しており、必ずしも最安のダイレクト自動車保険とは限りませんが、安定したサービスを求める方に特におすすめです。

 

参照
安定のサービス!ソニー損保自動車保険評価レビュー

 

 

チューリッヒ

公式サイト 

 

保険料の安さで最近特に目立つのがチューリッヒです。

 

もともと外資系損保は「安いけど事故対応力の評価が低くなりがち」という傾向がありました。

 

しかしチューリッヒは近年、事故対応評価も徐々に向上させており、「安くて事故対応も充実」という理想的なサービスに近づきつつあります。

 

また「業界最高水準のロードサービス」をアピールしていてこちらも充実しています。

 

ただし「スーパー自動車保険」「ネット専用自動車保険」と、珍しく二種類の商品があるなど、ややわかりにくい点もあるので、こうした違いも十分把握しておきたいところです。

 

参照
安さ充実!チューリッヒ自動車保険評価レビュー

 

 

セゾン「おとなの自動車保険」

公式サイト 

 

40代、50代ドライバーの保険料を安くするとアピールしているのがセゾン「おとなの自動車保険」です。

 

もともと事故率の低い40代、50代ドライバーの保険料は安くなる傾向があるのですが、さらにローコストに抑えて注目を集めています。

 

また、もし事故を起こしてしまった場合には警備会社ALSOKのスタッフがすぐ駆けつけてくれるという現場急行サービスも実施しています。

 

事故に不慣れな方にとっては心強いサービスと評価できます。

 

それ以外にも、自動車保険の中ではトップクラスの内容の個人賠償責任特約(賠償が必要な事故を起こした場合に補償される特約)が選べるなど、豊富なメリットを持つのが特徴です。

 

参照
豊富なメリット!セゾン「おとなの自動車保険」評価レビュー

 

〜〜〜

 

この3つ以外にも、例えば東京海上グループの事故対応力をアピールするイーデザイン損保、事故現場にセコムのスタッフが急行するセコム損保など、各社のダイレクト自動車保険には独自の特徴がありますので、ぜひ見比べてみたいところです。

 

 

それぞれの保険料や違いを知ってから自動車保険を選ぼう

ガッツポーズ

 

このように自動車保険は各社によって様々な違いと特徴があり、安さの比較だけで判断できるものではありません。

 

あなたのニーズがどこにあるかによってベストな自動車保険も変わってきます。

 

当サイトでおすすめする方法は、まず一括見積もりで保険料を確認してから各社の特徴を把握していくというものです。

 

先に保険料を知ってから内容を比較するほうが、わかりやすくてスピーディーな判断が可能となるからです。

 

そのために当サイトでは、一括見積もりサービスと各社の自動車保険評価レビューをご紹介しています。

 

上手に賢く、あなたにあったベストな自動車保険選びをするためにご活用をおすすめします。

 

「保険スクエアbang!」の一括見積もりサービスはこちらから

 

自動車保険比較ランキング&レビューはこちらから

 


<PR>ベストな自動車保険選びは保険料の比較から

各損保のロゴ


自動車保険を選ぶなら、まず先に保険料の比較から始めるのが効率的です。


様々な条件で変動する自動車保険料の比較は「一括見積もりサイト」を利用するのが最も便利です。


安心の大手「保険スクエアbang」なら、最短5分最大20社の一括見積もりが可能です。


↓見積もりはこちらから↓

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ



スポンサーリンク




「そもそも自動車保険ってどんな仕組み?」「安さで人気のインターネット自動車保険(ダイレクト自動車保険)って何?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


イチからわかる!インターネット自動車保険おすすめ比較ランキング2018




カテゴリ一覧

<PR>1分でできる!車が一番高く売れる無料一括査定

車と女性 


車はどこに売るかによって大きな金額差が出ることをご存知ですか?


車種によっては20〜30万円もの差となる各社の買い取り価格は、なるべく多くの見積もりをとるのがベストです。


一括見積もりサービス「かんたん車査定ガイド」なら最短1分の申し込みで、最大10社の一括査定を受けられます。



ボタン 査定サイトへ 





ホーム 目次 最新ランキング 賢い自動車保険のコツとは?