トップクラスの安さ!SBI損保の比較・評価レビュー

2017年9月更新:SBI損保自動車保険評価レビュー

ヘッダー SBI損保 

 

 

業界トップクラスの安さ!

 

 

他社との比較見積もりをとった場合に多くのケースで最安となり、「なるべく安い自動車保険を選びたい」と考える人にとってはとても魅力的に感じられるのがSBI損保の自動車保険です。

 

もともと安めであるダイレクト(通販型)自動車保険全体の中でも屈指の安さを実現しているSBI損保は、コストパフォーマンスを重視して自動車保険を選ぼうとしている人ならぜひ検討してみたいところでしょう。

 

では、その補償内容や事故対応品質はどうなっているのでしょうか?他社との違いはどこにあるのでしょうか?

 

ひとことで言うと、保険料の安さはトップクラスであり、事故対応については現状ではトップクラスとまでは言えないため、当サイトではB+評価と位置づけています。

 

以下にその詳細と他社と比較して見えてくる違いを述べていきます。

 

(最終更新:2017年9月)

「そもそも自動車保険ってどんな仕組み?」「ダイレクト自動車保険って何?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


イチからわかる!ダイレクト自動車保険おすすめ比較ランキング2017



<PR>当サイトでは自動車保険の効率的な選び方としてまず「各社の保険料を比較する」ことからおすすめしています。自分の車の保険料を見積もりたい方は先に以下をご利用ください。



▼最短5分!最大20社の一括見積もり(無料)

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ

※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ


スポンサーリンク

 

 

主な補償内容と評価

 

まず、主な補償内容と当サイトの評価は以下のようになります。

 

 

SBI損保「自動車保険」
公式サイト
  • 走行距離による保険料区分:あり(4区分)
  • ネット割引:新規・継続ともに10000円引
  • 特約:6種類(1種類が自動セット)
  • 事故の初期対応時間:平日9時〜19時 休日9時〜17時
  • 事故処理拠点:12拠点(2地域)

 

保険料の安さ 事故対応力 ロードサービス 総合評価

A 

B 

A 

B+ 

 

 

自動車保険の基本的な仕組みはどこでもほぼ共通ですので、メインである4種の保険セット(対人賠償、対物賠償、人身傷害、車両)はSBI損保と他社に大きな違いはありません。

 

 

当サイトおすすめプラン


対人賠償保険 : 無制限
対物賠償保険 : 無制限
人身傷害保険 : 3000万円
搭乗者傷害保険 : 不要
車両保険 : 状況によって必要


必要な特約

  • 弁護士費用の補償
  • 対物超過修理費用の補償
  • ファミリーバイク特約(原付バイク所有者のみ)

※「無保険車傷害保険」と「自損事故保険」は自動セットされるので検討対象外。

 

参照
結論!安い&安心重視のベストな自動車保険プランとは?

 

 

SBI損保は最近の改定によりダイレクト自動車保険で主流となっている「走行距離による保険料区分」が採用され、年間走行距離が短いドライバーほどより保険料が安くなる仕組みとなっています。

 

特約は全部で6種類あり、自動セットされるものとして、他人の車を運転して事故を起こした場合でも自分の契約で保険を使える「他の自動車運転危険補償特約」があります。

 

当サイトですすめる最低限必要な特約は「弁護士費用の補償」「対物超過修理費用の補償」ですので、SBI損保で契約するなら「弁護士費用等補償特約」「対物差額修理費用補償特約」が必要となります。

 

原付バイクに乗るならさらに「ファミリーバイク特約」も必要となりますが、それ以外は必須と言えるものはないので契約者の意向次第となります。

 

参照
ローコスト&最低限で備えるなら自動車保険に必要な特約は二つだけ!

 

 

SBI損保の保険内容は全体的にスタンダードな内容となっています。

 

 

保険料の安さはトップクラス

 

SBI損保の最大の強みは保険料の安さ、コストパフォーマンスにあります。

 

 

<保険料の安さ 参考ランキング>

 

ランク

SBI損保

A

セゾン(おとなの自動車保険)

A

チューリッヒ

A

イーデザイン損保

B+

アクサダイレクト

B+

三井ダイレクト

B+

ソニー損保

B

そんぽ24

C

セコム損保

C

 

参照ページ
保険料で徹底比較!ダイレクト自動車保険ランキング

 

 

20代、30代などの若い世帯から60代のシニア世帯まで、自動車保険料を他社と比較するとSBI損保は上位クラスの安さとなることが多く、高くなりがちな国内大手系の代理店型自動車保険と比較すると半額近い保険料となることさえあります。

 

全体的な傾向として、かつて保険料の安さは外資系損保が「安い自動車保険」の代名詞的存在でしたが、SBI損保はそれらを上回るほどのコストパフォーマンスが強みです。

 

ちなみに、SBI損保は2007年に旧ソフトバンク系列のSBIホールディングスとあいおい損保(現在のあいおいニッセイ同和損保)の共同出資により生まれた会社です。

 

 

ソフトバンク公式サイト

 

 

ケータイ業界をはじめ、様々なジャンルでの価格破壊を仕掛けてきた孫正義氏を筆頭とするソフトバンクグループの理念がSBI損保のコストパフォーマンスの良さにもつながっています。

 

ちなみにSBIホールディングスは、自動車保険の一括見積もり&比較の大手サイト「インズウェブ」も運営しています。

 

 

インズウェブサイト

 

最も安い自動車保険を見つけ出せる比較サイトを同グループで運営しているそのこと自体が「SBI損保はコストパフォーマンスの良さで勝負します!」と宣言しているようなものと言えるでしょう。

 

 

事故対応力&ロードサービスは?

 

業界最安の保険料の安さを実現しているSBI損保はその一方、事故対応力についてはトップクラスの評価とまではなっていません。

 

 

<事故対応力&ロードサービス参考ランキング>

 

事故対応力

ロードサービス

ソニー損保

A

A

チューリッヒ

A

A

イーデザイン損保

B+

B+

セゾン(おとなの自動車保険)

B+

A

そんぽ24

B

B+

セコム損保

B

B

三井ダイレクト

B

B+

アクサダイレクト

B

B+

SBI損保

B

A

 

参照ページ
事故対応力で徹底比較!ダイレクト自動車保険ランキング

 

ロードサービスで比較するダイレクト自動車保険ランキング

 

 

自動車保険の満足度調査において最も権威ある存在であるJDパワー社の事故対応満足度調査においてSBI損保は現状ではやや低めの評価となっています。

 

事故処理の拠点地域も東京、大阪の2地域のみ(14拠点)と少なめです。

 

参照
事故処理拠点「地域数」の重要性とは?(準備中)

 

 

実際に事故に遭った際の損保会社の対応は、組織の対応力のみならず担当した個々の社員の質にも左右されるので一概に比較はできませんが、こうしたリサーチの存在も頭に入れておきたいところです。

 

ちなみにSBI損保のロードサービスについては専門会社「タイムズレスキュー」に委託されており、全国約9500拠点、無料レッカー距離50km、バッテリー上がりの対応、移動困難な際の帰宅宿泊費の補償など充実した内容となっており、こちらは高く評価できます。

 

 

総評&どんな人がSBI損保を選ぶべき?

 

業界トップクラスの安い保険料を実現しているSBI損保。

 

「とにかく安い自動車保険が良いという方であれば候補のひとつに入れておきたいところであり、当サイトでもB+評価のランキングづけとしています

 

「保険料を安く抑えたい」「あまり運転しないからなるべく安く済ませたい」「二台目の車用に」と考える方にとって、SBI損保は適していると言えるでしょう。

 

その場合は、サポート体制や事故時の対応なども問い合わせるなどして十分確認、納得したうえで選ばれることをおすすめします。

 

当サイトの他社の比較レビュー、自動車保険ランキングもぜひご参照ください。

 

最短5分!最大20社の自動車保険料を一括見積もり&比較する


1分でできる!車が一番高く売れる無料一括査定

 

ローコスト&事故対応力で徹底比較!ダイレクト自動車保険ランキング

 

評価:B


<PR>ベストな自動車保険選びは保険料の比較から

各損保のロゴ


自動車保険を選ぶなら、まず先に保険料の比較から始めるのが効率的です。


様々な条件で変動する自動車保険料の比較は「一括見積もりサイト」を利用するのが最も便利です。


安心の大手「保険スクエアbang」なら、最短5分最大20社の一括見積もりが可能です。


↓見積もりはこちらから↓

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ



スポンサーリンク





カテゴリ一覧

<PR>1分でできる!車が一番高く売れる無料一括査定

車と女性 


車はどこに売るかによって大きな金額差が出ることをご存知ですか?


車種によっては20〜30万円もの差となる各社の買い取り価格は、なるべく多くの見積もりをとるのがベストです。


一括見積もりサービス「かんたん車査定ガイド」なら最短1分の申し込みで、最大10社の一括査定を受けられます。



ボタン 査定サイトへ 





ホーム 目次 最新ランキング 賢い自動車保険のコツとは?