ソニー損保の比較・評価レビュー

2017年9月更新:ソニー損保自動車保険評価レビュー

ソニー損保の評価

 

 

ダイレクト自動車保険売上ナンバーワン!

 

 

そんなCMフレーズでおなじみなのがソニー損保の自動車保険です。

 

1999年に日本企業としては最も早くダイレクト型(通販型)自動車保険の販売をスタートさせて、長くシェア1位の座を維持し続けています。

 

過去には損保業界としては初めて休日に平日同様のサービスセンターを設置するなど、それまでなかった数々の画期的なサービスを打ち出してきており、日本のダイレクト型自動車保険のリーディング・カンパニーとも言える存在です。

 

その最大の特徴は、価格競争になりがちなダイレクト型自動車保険において安さよりも納得感のある保険料を目指して品質重視の姿勢を打ち出している点にあります。

 

実際、ソニー損保はダイレクト型自動車保険の中ではやや高めの保険料ながらも、事故対応やロードサービスが充実して高い評価を受け順調に業績も伸ばしています。

 

全体的なバランスとして優れているため、当サイトでもおすすめのA評価としています。

 

ダイレクト型自動車保険を考えるならぜひ検討してみたいこのソニー損保の自動車保険。そのメリット、デメリットはどこにあるのでしょうか?他社と比較して見えてくる違いとは?

 

以下に説明します。

 

(最終更新:2017年9月)

「そもそも自動車保険ってどんな仕組み?」「ダイレクト自動車保険って何?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


イチからわかる!ダイレクト自動車保険おすすめ比較ランキング2017



<PR>当サイトでは自動車保険の効率的な選び方としてまず「各社の保険料を比較する」ことからおすすめしています。自分の車の保険料を見積もりたい方は先に以下をご利用ください。



▼最短5分!最大20社の一括見積もり(無料)

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ

※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ


スポンサーリンク

 

 

主な補償内容と評価

 

まず、主な補償内容と当サイトの評価は以下のようになります。

 

ソニー損保「自動車保険」
公式サイト
  • 走行距離による保険料区分:あり
  • ネット割引:新規10,000円、継続5,000円
  • 特約:8種類(1種類が自動セット)
  • 事故の初期対応時間:平日・土日ともに0時〜20時(時間外対応あり)
  • 事故処理拠点:9地域

 

保険料の安さ 事故対応力 ロードサービス 総合評価

B 

 

 

 

 

 

自動車保険の基本的な仕組みはどこでもほぼ共通ですので、メインである4種の保険セット(対人賠償、対物賠償、人身傷害、車両)はソニー損保と他社に大きな違いはありません。

 

 

当サイトおすすめプラン


対人賠償保険 : 無制限
対物賠償保険 : 無制限
人身傷害保険 : 3000万円
搭乗者傷害保険 : 不要
車両保険 : 状況によって必要


必要な特約

  • 弁護士費用の補償
  • 対物超過修理費用の補償
  • ファミリーバイク特約(原付バイク所有者のみ)

※「無保険車傷害保険」と「自損事故保険」は自動セットされるので検討対象外。

 

参照
結論!安い&安心重視のベストな自動車保険プランとは?

 

 

特約については、ソニー損保の場合、相手の車の修理代補償をより充実させる「対物超過修理費用特約」がまず自動セットされます。

 

当サイトですすめる最低限必要な特約は「弁護士費用の補償」「対物超過修理費用の補償」ですので、ソニー損保で契約するなら「自動車弁護士費用特約」もつける必要があります。

 

原付バイクに乗るなら「ファミリーバイク特約」も必要となりますが、それ以外は必須と言えるものはないので、ここは契約者の意向次第となります。

 

参照
ローコスト&最低限で備えるなら自動車保険に必要な特約は二つだけ!

 

 

全体としてソニー損保の基本補償や特約はスタンダードな内容となっており、シンプルでわかりやすくまとめられている点も好印象です。

 

 

保険料はダイレクト自動車保険の中では高め

 

ソニー損保の保険料を他社と比較すると価格勝負のSBI損保やチューリッヒなどに比べるとやや高くなる傾向にあることがわかります。

 

 

<保険料の安さ 参考ランキング>

 

ランク

SBI損保

A

セゾン(おとなの自動車保険)

A

チューリッヒ

A

イーデザイン損保

B+

アクサダイレクト

B+

三井ダイレクト

B+

ソニー損保

B

そんぽ24

C

セコム損保

C

 

参照
保険料の安さで徹底比較!ダイレクト自動車保険ランキング

 

 

大手の代理店型損保に比べればソニー損保は安いほうですが、ダイレクト自動車保険としてはやや高めになりがちなので、単純な価格勝負では不利と言わざるをえません。

 

ただ後述するように「走行距離に応じた保険料」の仕組みが充実しているので、車を使う頻度が少ない方にとってはそれほどのデメリットとはならない可能性もあります。

 

 

安定の事故対応力&ロードサービス

 

一方、ソニー損保の事故対応力とロードサービスは他社と比較しても充実しておりトップクラスの水準にあります。

 

 

<事故対応力&ロードサービス参考ランキング>

 

事故対応力

ロードサービス

ソニー損保

A

A

チューリッヒ

A

A

イーデザイン損保

B+

B+

セゾン(おとなの自動車保険)

B+

A

そんぽ24

B

B+

セコム損保

B

B

三井ダイレクト

B

B+

アクサダイレクト

B

B+

SBI損保

B

A

 

参照
事故対応力で徹底比較!ダイレクト自動車保険ランキング

 

ロードサービスで比較するダイレクト自動車保険ランキング

 

 

ソニー損保では1つの事故に対して1人の専任担当者とサポートチームが事故を担当する「1事故1担当者+チームサポート制」をかかげています。

 

事故処理拠点地域もダイレクト型自動車保険としては多い9地域となっていますおり(札幌、仙台、品川、蒲田、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡)。

 

事故解決までの流れを直接会って説明する面談急行サービスも強みのひとつです。

 

実際に事故にあった時の初期対応時間は基本的に平日・土日ともに0時〜20時までとなっていますが、実際にソニー損保に問い合わせると「緊急対応が必要な際には時間外でも応じます」とはっきり述べています。

 

つまり、ダイレクト型自動車保険で特に重要な初期対応が24時間365日体制で整えられているということであり、ここも他社より充実した体制となっています。

 

参照
ソニー損保の事故対応(初期対応)は24時間365日だった!

 

事故「受付」よりも事故「初期対応」!自動車保険の初期対応時間の大切さとは?(準備中)

 

 

ソニー損保のこうした体制は実際に顧客の事故対応満足度にもつながっており、オリコン、価格ドットコム、JDパワー社など異なる第三者機関による調査で総じて高い評価を受けています。

 

ロードサービスについても、無料レッカー距離50km、バッテリー上がりの回数無制限対応、帰宅宿泊費の負担などトップクラスに充実した内容となっています。

 

イーデザイン損保や三井ダイレクトなどのように国内大手損保グループのノウハウやネットワークを背景にしているわけでもなく、チューリッヒやアクサなど外資系の後ろ盾があるわけでもないのに、これだけ充実した品質を実現して高い評価を受けている点はさすがに「ダイレクト型自動車保険のリーディング・カンパニー」と呼ばれるところと言えるでしょう。

 

 

「走ったぶんだけ保険料」が最も充実

ドライブする女性

 

さらにソニー損保の特徴として挙げておきたいのが「走るぶんだけ払う」、つまり走行距離による保険料区分の充実度です。

 

年間走行距離によって保険料を区分する方法はソニー損保に限らず、他社のリスク細分型(年齢や車種など様々な条件で保険料が変わる方式)のダイレクト型自動車保険では多く取り入れられていますが、ソニー損保にはさらに優れた特徴がふたつあります。

 

 

走行距離区分が最も多い

 

走行距離による保険料区分の数は会社ごとに3〜7区分と分かれていますが、ソニー損保はその中でも最も多い7区分となっています。つまりより契約者のニーズに合わせた設定が可能であるということです。

 

「くりこし割引」「こえても安心サービス」の充実度

 

年間走行距離によって保険料を決めた場合、どうしても気になるのが「走行距離が予定オーバーしたらどうしよう」という点です。

 

ソニー損保の場合は「こえても安心サービス」により、予定走行距離を超えても追加の支払いは発生しません(ただし翌年の契約は超えた距離区分での契約が必要)。

 

また、申告した予定走行距離に満たなかった場合は「くりこし割引」により、足りなかった走行距離のぶんの保険料を割り引いて翌年の保険料にあてることができます。

 

このあたりの配慮が行き届いた仕組みはソニー損保の「安さよりも納得感のある保険料」の姿勢が表れていると言えるでしょう。

 

さらに、近年では損保業界で初となる「安全運転をするほど保険料が安くなる」仕組みであるテレマティクス保険を導入しており、注目を集めています。

 

参照
安全運転で安くなる!ソニー損保の「テレマティクス保険」とは?

 

 

ソニー損保のデメリットとは?

 

逆にソニー損保のデメリットを挙げるとすれば、やはりダイレクト型自動車保険の中では割高となりやすい保険料でしょう。

 

 

計算する女性

 

 

例えば「車は日常的には乗らないので最低限の補償でいいから、とにかく一番安い自動車保険に入りたい」と考える場合にはその希望に当てはまらない可能性が高いです。

 

またこれはソニー損保だけに限らないのですが、年間走行距離によって保険料が変動するタイプの自動車保険の場合は走行距離が長くなるほどより割高となる傾向があります。

 

特にこの傾向は1年で1万キロ以上車を走らせるようなケースで顕著です。

 

長距離ドライバーの方であれば気をつけたいポイントと言えます。

 

 

総評&どんな人がソニー損保を選ぶべき?

 

ダイレクト型自動車保険のリーディング・カンパニーとして、充実した品質を納得感のある保険料で提供して好評価を得ているソニー損保。

 

品質の充実度を重視する方ならぜひ選択肢に入れておきたいところです。

 

事故対応力を最も重視する当サイトの方針にも一致しているため、A評価と高いランキングづけとしています。

 

他のダイレクト型自動車保険よりはやや割高となる傾向があるものの、走行距離の少ない方ならそれほど大きな差とはならない可能性も高いので、乗り換えを検討されている方はぜひ一度見積もりをとって比較されてみることをおすすめします。

 

当サイトの他社の比較レビュー、自動車保険ランキングもぜひご参照ください。

 

最短5分!最大20社の自動車保険料を一括見積もり&比較する


1分でできる!車が一番高く売れる無料一括査定

 

ローコスト&事故対応力で徹底比較!ダイレクト自動車保険ランキング

 

評価A


<PR>ベストな自動車保険選びは保険料の比較から

各損保のロゴ


自動車保険を選ぶなら、まず先に保険料の比較から始めるのが効率的です。


様々な条件で変動する自動車保険料の比較は「一括見積もりサイト」を利用するのが最も便利です。


安心の大手「保険スクエアbang」なら、最短5分最大20社の一括見積もりが可能です。


↓見積もりはこちらから↓

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ



スポンサーリンク





カテゴリ一覧

<PR>1分でできる!車が一番高く売れる無料一括査定

車と女性 


車はどこに売るかによって大きな金額差が出ることをご存知ですか?


車種によっては20〜30万円もの差となる各社の買い取り価格は、なるべく多くの見積もりをとるのがベストです。


一括見積もりサービス「かんたん車査定ガイド」なら最短1分の申し込みで、最大10社の一括査定を受けられます。



ボタン 査定サイトへ 





ホーム 目次 最新ランキング 賢い自動車保険のコツとは?