事故対応力で各損保の自動車保険を比較・評価

2017年9月更新:事故対応力で比較!ダイレクト自動車保険ランキング

コールセンター

 

会社名クリックで評価レビューへ

 

事故対応力

保険料の安さ

ロードサービス

総合評価

ソニー損保

A

B

A

A

チューリッヒ

A

A

A

A

イーデザイン損保 B+

B+

B+

B+

セゾン(おとなの自動車保険) B+

A

A

A

そんぽ24 B

C

B+

B

セコム損保 B

C

B

B

三井ダイレクト B

B+

B+

B

アクサダイレクト B

B+

B+

B

SBI損保 B

A

A

B+

会社名クリックで評価レビューへ

参考資料

  • JDパワー自動車保険・事故対応満足度調査
  • オリコン事故担当者満足度調査
  • 価格.com自動車保険満足度ランキング
  • 「週刊ダイヤモンド」自動車保険ランキング
  • 各社公式サイト

「そもそも自動車保険ってどんな仕組み?」「ダイレクト自動車保険って何?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


イチからわかる!ダイレクト自動車保険おすすめ比較ランキング2017



<PR>当サイトでは自動車保険の効率的な選び方としてまず「各社の保険料を比較する」ことからおすすめしています。自分の車の保険料を見積もりたい方は先に以下をご利用ください。



▼最短5分!最大20社の一括見積もり(無料)

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ

※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ


スポンサーリンク

 

 

自動車保険の本質は事故対応力にある!

 

ローコストが魅力のダイレクト自動車保険(通販型自動車保険)を検討される方は、やはり一番に各社の「保険料の安さ」を気にされることと思います。

 

もちろんそれは自然なことなのですが、しかしあえて、ここで強く強調しておきたいことがあります。

 

自動車保険の本質は事故対応力にあります。

 

運転歴が浅い、あるいは事故を経験したことのないドライバーは「たぶん事故なんて起こさないから」「どこでも一緒なんじゃない?」と考えて各社の事故対応力の違いを軽視してしまいがちです。

 

しかし、日本では1年のうち約10%のドライバーが物損事故を起こし、約1%の人が人身事故を起こすというデータがあります。これは決して少ない確率ではありません。

 

特にダイレクト自動車保険の場合、ディーラーや代理店を通さずに直接、保険会社と契約します。

 

これは事故を起こして保険会社とやりとりする際に自分の味方、代理になってくれる人がいないことを意味します。だからこそ、

 

「保険金はスムーズに支払われるか?」
「事故受付体制は十分整っているか?」
「事故調査能力はどれくらいのものなのか?」

 

各社のこうした事故対応力を、契約者はより重視すべきなのです。

 

ダイレクト自動車保険を選ばれる方は、保険料の安さと同じくらい各社の事故対応力やサポート体制に深く関心を持つ必要があります。

 

 

安定のソニー損保、安さも魅力のチューリッヒ、現場急行のおとなの自動車保険

 

よく各保険会社が自社調べで「満足度95%!」などと宣伝していることがありますが、これは各社のいわば「自己申告」であるため、そのまま鵜呑みにすることはできません。

 

各社の事故対応力については第三者機関による調査(JDパワー、オリコン、価格.com等)が存在しています。

 

もちろんこれらの調査が必ず正しいとは限らないのですが、統合してみると共通した傾向が見られ、事故対応力に優れた会社とそうでない会社があることがわかります。

 

事故対応力の高いダイレクト自動車保険として挙げておきたいのがまずソニー損保です。

 

 

<ソニー損保>

ソニー損保公式サイト

 

 

ソニー損保は保険料こそダイレクト型自動車保険の中では決して安くはないものの「納得感のある保険料」を目指しており、充実したサポート体制と事故対応力で高い評価を受けています。

 

ダイレクト型自動車保険でシェア1位の座を長く維持しているのも、契約者が安さ以外の部分で十分に価値を感じられていることの表れでしょう。

 

参照
品質重視&シェア1位の安定感!ソニー損保の評判レビュー

 

 

次にチューリッヒ。

 

 

<チューリッヒ>

公式サイト

 

 

こちらは事故対応力の評価のみならず保険料の安さも大きなアピールポイントとなっています。

 

一般的に事故対応サポート体制を高めるほど保険料は高めとなる傾向がありますが、チューリッヒは安い保険料を実現しつつも近年、事故対応力でも評価を高めています。

 

ロードサービスも充実しており、コストパフォーマンスに特にこだわる方にとっては有力な選択肢と言えます。

 

参照
安い&充実のロードサービス!チューリッヒ自動車保険評価レビュー

 

 

そしてセゾン「おとなの自動車保険」。

 

 

<セゾンおとなの自動車保険>

公式サイト 

 

 

こちらも、大手損保の損保ジャパン日本興亜グループを母体としています。

 

特徴的なのは、ALSOKと提携して契約者が事故を起こした際に専門スタッフが事故現場にすぐ駆けつけるという「現場急行サービス」を実施している点です。

 

これは代理店型損保でも実施してない取り組みであり、事故対応に慣れていないドライバーや女性ドライバーに嬉しいサービスとなっています。

 

参照
豊富なメリット!おとなの自動車保険評価レビュー

 

 

事故対応力を重視して自動車保険を選ぶなら、まずはこの3社を検討してみたいところです。

 

 

安い保険ほど事故対応力は下がりやすい

比較する女性

 

一方、事故対応力で低い評価を受けている損保もいくつか見受けられます。

 

これらに共通しているのは保険料の安さで勝負しているという点です。

 

契約者としては「一番安くて一番事故対応力のある自動車保険」を希望したいところですが、なかなかそういうわけにはいきません。

 

保険料の安さは必ずどこかで「質」に反映されます。事故対応力が低かったり、ロードサービスに制限が多かったり。

 

特に事故対応力については保険料が安いほど事故対応力が劣るという明確な傾向が見られます。

 

保険料を安く設定すると、それはどうしても保険会社の人件費やサポートセンターの充実度に反映されます。

 

優秀なスタッフがいたとしても、例えば労働環境が悪かったり、多くの案件を一度に抱えたりさせられるとどうしてもその「質」は下がってしまいます。

 

参照
自動車保険の事故対応力は「担当者の質」と「会社の質」で決まる!(編集中)

 

 

ローコスト重視で自動車保険を選ぶなら、必ずその裏にあるマイナス面も把握しておく必要があります。

 

 

自動車保険選びは、事故対応力をベースに各社の特徴を把握して決める

 

もう一度繰り返しますが、自動車保険の本質は事故対応力にあります。

 

代理店やディーラーを通さずに直接、保険会社とやりとりするダイレクト型自動車保険では特に事故対応力は重視すべきです。

 

自動車保険を選ぶ際には各社の保険料の安さを比較するだけでなく、各社の事故対応力にも注目して、そのうえで自分にとって必要な補償プランは何か、各社のその他の特徴は何かを把握していくようにしましょう。

 

当サイトの各社の比較レビューやおすすめプランもぜひご参照ください。

 

最短5分!最大20社の自動車保険料を一括見積もり&比較する


1分でできる!車が一番高く売れる無料一括査定

 

ローコスト&事故対応力で徹底比較!ダイレクト自動車保険ランキング

 

結論!ローコスト&安心を重視したベストな自動車保険プランとは?

 


<PR>ベストな自動車保険選びは保険料の比較から

各損保のロゴ


自動車保険を選ぶなら、まず先に保険料の比較から始めるのが効率的です。


様々な条件で変動する自動車保険料の比較は「一括見積もりサイト」を利用するのが最も便利です。


安心の大手「保険スクエアbang」なら、最短5分最大20社の一括見積もりが可能です。


↓見積もりはこちらから↓

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ



スポンサーリンク





カテゴリ一覧

<PR>1分でできる!車が一番高く売れる無料一括査定

車と女性 


車はどこに売るかによって大きな金額差が出ることをご存知ですか?


車種によっては20〜30万円もの差となる各社の買い取り価格は、なるべく多くの見積もりをとるのがベストです。


一括見積もりサービス「かんたん車査定ガイド」なら最短1分の申し込みで、最大10社の一括査定を受けられます。



ボタン 査定サイトへ 





ホーム 目次 最新ランキング 賢い自動車保険のコツとは?