今評判!おすすめ通販型自動車保険ランキング&比較ポイント

2017年9月更新:おすすめ通販型自動車保険ランキング

ヘッダー ランキング 

 

 

一番のおすすめはどれ?

 

 

保険料の安さを最大のメリットとして、近年シェアを伸ばし続けている通販型自動車保険(ダイレクト自動車保険)。

 

年々、少しずつ値上がりを続ける自動車保険料を負担に感じている方なら、CM広告などで見かけて気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

しかしその一方、自動車保険は生命保険(死亡保険)や医療保険と比較して各社の商品を紹介する情報も少ないため、それぞれの特徴や各社の違い、良し悪しを判断するのが難しい状況にあります。

 

では現在、日本の通販型自動車保険はどれくらいの種類があり、それぞれどんな特徴、メリットを持っているのでしょうか?そしておすすめは?

 

先に結論からいうと、現在当サイトは「ローコストで確かな安心」のコンセプトのもと、ソニー損保、チューリッヒ、セゾン「おとなの自動車保険」をおすすめしています。

 

その理由と各社のランキングづけ、特徴を以下に述べていきます。

 

(最終更新:2017年9月)

「そもそも自動車保険ってどんな仕組み?」「ダイレクト自動車保険って何?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


イチからわかる!ダイレクト自動車保険おすすめ比較ランキング2017



<PR>当サイトでは自動車保険の効率的な選び方としてまず「各社の保険料を比較する」ことからおすすめしています。自分の車の保険料を見積もりたい方は先に以下をご利用ください。



▼最短5分!最大20社の一括見積もり(無料)

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ

※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ


スポンサーリンク

 

 

安さ&事故対応力重視!総合ランキング

 

まず日本国内の通販型自動車保険は9種類(9社)となっており、現在、各社の評価は以下の通りとなっています(当サイトの独自評価)。

 

 

総合評価

保険料の安さ

事故対応力

ロードサービス

ソニー損保

A

B

A

A

チューリッヒ

A

A

A

A

セゾン(おとなの自動車保険)

A

A

A

イーデザイン損保

B+

SBI損保

B+

A

B

A

三井ダイレクト

B

B

アクサダイレクト

B

B

そんぽ24

B

C

B

B

セコム損保

B

C

B

B


 

 

通販型自動車保険で最も重視すべきは事故対応力!

コールセンター 

 

保険料の安さが一番のメリットである通販型自動車保険。

 

当サイトでも保険料の安さは重要な評価ポイントとしていますが、ランキングづけにあたっては、それよりも各社の事故対応力をより重要視しています。

 

なぜなら自動車保険の本質は事故対応力にあるからです。

 

事故時のサポート体制は十分整っているか?保険料の支払いはスムーズに行われるか?担当者の対応は適切に行われるのか?

 

自動車事故は、ケースによっては賠償額が数千万〜億レベルにもなり得ます。

 

過去の判例&賠償額を挙げると以下のようになります。

 

対人賠償

  • 29才会社員(男性)に後遺障害→賠償額:3億8281万円
  • 25才大学研究員(男性)に後遺障害→賠償額:3億5978万円
  • 17才高校生(男性)に後遺障害→賠償額:3億3678万円

 

対物賠償

  • トラックの積載の呉服や洋服に損害→賠償額:2億6135万円
  • パチンコ店舗の破損→賠償額:1億3580万円
  • 電車、線路、家屋を破損→:賠償額:1億2036万円

 

また通販型自動車保険の場合、事故時に保険代理店がサポートしてくれることもありませんので、損害保険会社の事故対応力のサポート体制の充実度がより重要となってきます。

 

参照
どっち?通販型より代理店型自動車保険を選ぶべきケースとは(準備中)

 

 

そうした視点で各社の通販型自動車保険を評価した場合、おすすめと評価できるのがソニー損保、チューリッヒ、セゾン「おとなの自動車保険」です。

 

 

ソニー損保は「安さよりも納得感のある保険料」をモットーに長くシェア1位の座をキープし続けており、業界のリーディング・カンパニーと呼べる存在です。

 

事故時の初期対応が実質的に24時間体制であったり、事故処理拠点地域も9地域とトップクラスの広さとなっているなど、その事故対応力、サポート体制は高く評価されています。

 

 

※ソニー損保

ソニー損保公式ページ 

 

参照
品質重視&シェア1位の安定感!ソニー損保評判レビュー

 

ソニー損保の事故対応(初期対応)は24時間365日だった!

 

 

次にチューリッヒ。ここは保険料の安さを最大のアピールポイントとしています。

 

 

※チューリッヒ

公式サイト 

 

 

一般的に自動車保険は、保険料が安い会社ほど事故対応力が弱くなるという傾向があります。

 

これは、保険料を安くするほど人件費などのサポート体制を抑えざるを得なくなっていくからです。

 

チューリッヒも以前から保険料の安さには定評がありましたが、事故対応サポートについてはやや低めの評価を受けてきました。

 

しかし、ここ1、2年は事故対応力評価でもソニー損保に並んでトップクラスの評価を受けるようになってきました。

 

安い保険料を実現しつつ事故対応力も充実しているという理想的な自動車保険に近づきつつあります。

 

またロードサービスも「業界トップクラス」をアピールする通り充実した内容になっています。

 

ただし、チューリッヒは他社と異なり保険料や補償内容の異なる2つの商品があるなど、ややクセのある一面もありますので、選ばれる際はその特徴、違いを十分理解しておく必要があります。

 

参照
安さ&ロードサービス充実!チューリッヒ自動車保険評価レビュー

 

 

そして、もうひとつ挙げておきたいのがセゾン「おとなの自動車保険」です。

 

 

※セゾン「おとなの自動車保険」

公式ページ

 

 

セゾン「おとなの自動車保険」の最大のメリットは、事故を起こした際にALSOKの専門スタッフが現場まで急行で駆けつけてくれる事故現場急行サービスを提供している点にあります。

 

よくある勘違いなのですが、契約者が事故を起こしても損害保険会社や保険代理店のスタッフが現場にすぐ駆けつけてくれるということはめったにありません

 

事故直後にやってもらえることは、電話連絡による初期対応(修理工場や病院への連絡、代車の手配など)が中心となります。

 

しかし、「おとなの自動車保険」の場合は専門スタッフがすぐ駆けつけてくれますので、事故対応の不慣れな方にとっても安心のサポート体制となっています。

 

参照
豊富なメリット!おとなの自動車保険評価レビュー

 

現場急行!おとなの自動車保険+アルソックのメリットは?

 

 

事故対応力を重視した通販型自動車保険を考えるなら、まずこの3社を検討したいところです。

 

 

それ以外の損保会社のメリット、アピールポイントは?

 

ただし、この3社以外の通販型自動車保険もそれぞれ独自のメリットを持っており、契約者の意向しだい、どこを重視するかでベストな保険選びは変わってきます。

 

例えば、年間の走行距離によって保険料が左右されない「走行距離無制限」という強みを持つセコム損保

 

 

※セコム損保

公式サイト 

 

 

業界トップクラス、の保険料の安さで注目を集めるSBI損保

 

 

※SBI損保

公式ページ

 

 

自動車保険は事故対応力と保険料の安さを重要ポイントと見つつ、これら各社の特徴も踏まえて選んでいきたいところです。

 

 

ロードサービスはどこも充実

整備士

 

自動車保険選びと言えばロードサービスの充実度も気になるところです。

 

しかし、ここで挙げている10社は、すべて出動拠点数がすべてJAF(自動車保険より以前からロードサービスを提供してきた一般社団法人)を上回るなど充実しています。

 

 

※各社のロードサービス拠点数

会社名

拠点数

SBI損保

約9700

アクサダイレクト

約9600

チューリッヒ

約9500

イーデザイン損保

約9300

ソニー損保

約9000

そんぽ24

約9000

セゾン(おとなの自動車保険)

約8000

三井ダイレクト

約3000

セコム損保

非公開

JAF

約2000

 

 

細かく見ていけばロードサービスも多少の違いは出てくるので、当サイトでもそれを元にランキングづけしています。

 

しかし基本的には各社とも充実したロードサービスを提供しており、比較ポイントとしての重要度はそれほど高くありません。

 

参照
ロードサービスで比較する!通販型自動車保険ランキング

 

 

まとめ

 

通販型自動車保険選びの最大のポイントは事故対応力にあり、現在当サイトではソニー損保、チューリッヒ、セゾン「おとなの自動車保険」をまずおすすめしています。

 

ただし各社とも独自の特徴を持つため、それぞれのメリット・デメリットを把握したうえで慎重に選ぶのが良いでしょう。

 

当サイトの各社の評価レビューもぜひご参照ください。

 

最短5分!最大20社の自動車保険料を一括見積もり&比較する


1分でできる!車が一番高く売れる無料一括査定

 

ローコスト&事故対応力で徹底比較!ダイレクト自動車保険ランキング


<PR>ベストな自動車保険選びは保険料の比較から

各損保のロゴ


自動車保険を選ぶなら、まず先に保険料の比較から始めるのが効率的です。


様々な条件で変動する自動車保険料の比較は「一括見積もりサイト」を利用するのが最も便利です。


安心の大手「保険スクエアbang」なら、最短5分最大20社の一括見積もりが可能です。


↓見積もりはこちらから↓

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ



スポンサーリンク





カテゴリ一覧

<PR>1分でできる!車が一番高く売れる無料一括査定

車と女性 


車はどこに売るかによって大きな金額差が出ることをご存知ですか?


車種によっては20〜30万円もの差となる各社の買い取り価格は、なるべく多くの見積もりをとるのがベストです。


一括見積もりサービス「かんたん車査定ガイド」なら最短1分の申し込みで、最大10社の一括査定を受けられます。



ボタン 査定サイトへ 





ホーム 目次 最新ランキング 賢い自動車保険のコツとは?