通販型自動車保険とは?安い&おすすめの3つの理由

通販型自動車保険とは?安い&おすすめの3つの理由

通販型自動車保険とは?安い&おすすめの3つの理由

 

 

今、注目の通販型自動車保険とは?

 

 

保険料が安い新しいタイプの自動車保険!

 

そんなアピールで今、注目を集めているのが通販型自動車保険(ダイレクト自動車保険)です。

 

年々、値上がり傾向にある自動車保険料を負担に感じている方なら、CM・広告などで見かけて気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

実際、通販型自動車保険は従来の代理店型と比較して保険料が割安となることが多く、「ローコストで安心を手に入れる」をコンセプトにした当サイトでも積極的におすすめしています。

 

ではそもそも、通販型自動車保険とはいったいどんな特徴を持つ保険なのでしょうか?従来の自動車保険との違いはどこにあり、その仕組みはどうなっているのでしょうか?

 

また、「保険料が安い」と言われる理由はどこにあるのでしょうか?

 

以下に述べていきます。

「そもそも自動車保険ってどんな仕組み?」「ダイレクト自動車保険って何?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


イチからわかる!ダイレクト自動車保険おすすめ比較ランキング2017



<PR>当サイトでは自動車保険の効率的な選び方としてまず「各社の保険料を比較する」ことからおすすめしています。自分の車の保険料を見積もりたい方は先に以下をご利用ください。



▼最短5分!最大20社の一括見積もり(無料)

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ

※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ


スポンサーリンク

 

 

通販型自動車保険とは?

 

そもそも通販型自動車保険とは、日本では1996年に最初に始められた、まだ歴史の浅い保険です。

 

 

※日本で最初の通販型自動車保険「アメリカンホーム」

アメリカンホーム公式サイト

 

 

従来の自動車保険は自動車を販売するディーラーや、保険代理店を通じて加入する「代理店型自動車保険」であり、契約者が損害保険会社と直接やりとりするものではありませんでした。

 

 

※従来の代理店型自動車保険のイメージ

代理店型からの加入イメージ 

 

 

それに対して通販型自動車保険は、そうしたディーラーや代理店を通さずに契約者が損害保険会社と電話やインターネットを通じて直接契約するタイプの自動車保険のことを指し、「ダイレクト(直接)自動車保険」とも呼ばれます。

 

 

※通販型自動車保険のイメージ

通販型の加入イメージ 

 

 

 

現在、日本では以下の9社が通販型自動車保険を取り扱っています。

 

 

  • ソニー損保
  • イーデザイン損保
  • セゾン(おとなの自動車保険)
  • セコム損保
  • 三井ダイレクト
  • そんぽ24
  • SBI損保
  • チューリッヒ
  • アクサダイレクト

 

 

これらは国内の大手損害保険会社を背景とした国内大手系、外国の損害保険会社が進出してきた外資系、そして新規参入系に分けられます。

 

この中で、最も知名度が高く代表的なのがソニー損保でしょう。

 

 

<ソニー損保>

ソニー損保公式ページ 

 

 

ソニー損保は、過去には損保業界としては初めて休日に平日同様のサービスセンターを設置するなど、それまでなかった数々の画期的なサービスを打ち出して存在感を高めてきました。

 

近年は「安全運転で保険料が安くなる」というテレマティクス保険を日本で初めて導入して注目を集めました。

 

参照
安全運転で安くなる!ソニー損保のテレマティクス保険の評判は?

 

 

ソニー損保は通販型自動車保険のシェア1位を長くキープしており、業界のリーディング・カンパニーとも言える存在です。

 

テレビCMで「ダイレクト自動車保険売上ナンバーワン!」のフレーズを聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。

 

ソニー損保以外にも、東京海上グループのブランド力をアピールするイーデザイン損保、トップクラスの安さをアピールするSBI損保、40代&50代の保険料を安くしたセゾン「おとなの自動車保険」など、各社とも独自のメリットをアピールしています。

 

 

※イーデザイン損保

イーデザイン損保公式サイト 

 

 

※セゾン「おとなの自動車保険」 

セゾン公式サイト

 

 

※SBI損保

SBI損保公式ページ 

 

 

自動車保険全体の中で通販型のシェアはまだ1割程度ですが、契約数は順調に伸びてきており、将来的には自動車保険の主役となる可能性も十分考えられます。

 

参照
ローコスト&事故対応力で徹底比較!ダイレクト自動車保険ランキング

 

 

安さがウリの通販型自動車保険

 

このように通販型自動車保険が順調にシェアを伸ばしているのは保険料の安さが最も大きな要因として挙げられます。

 

例として、「週刊ダイヤモンド」が発表した2015年自動車保険ランキングのデータのひとつを以下に引用します。

 

 

週刊ダイヤモンド誌 

 

 

※各社の保険料比較

会社名

保険料

SBI損保

40200円

セゾン(おとなの自動車保険)

41550円

アクサダイレクト

42230円

チューリッヒ

42450円

三井ダイレクト

44090円

イーデザイン損保

46260円

アメリカンホーム

49190円

ソニー損保

52210円

セコム損保

53290円

ゼネラリ

66010円

そんぽ24

71490円

三井住友海上

72550円

東京海上日動

73200円

あいおいニッセイ同和損保

76030円

ジャパン日本興亜

78340円

年齢=35才 車種=アクア(トヨタ) ブルー免許 車両保険なし 等級=6等級で計算

 

色付けしているのが通販型自動車保険

 

 

このように比較してみると、通販型自動車保険の安さがはっきりとわかります。

 

ではなぜ、このような安さを実現できるのでしょうか?

 

 

なぜ、安い保険料を実現できるのか?

貯金する女性

 

 

なぜ、通販型自動車保険は従来の代理店型自動車保険よりも安い保険料を実現できるのでしょうか?

 

それには、以下の3つの理由が挙げられます。

 

 

代理店による手数料がかからないから

 

最も大きな理由が、代理店が存在せず中間手数料が発生しないからです。

 

従来の自動車を販売するディーラーや保険代理店を通じて自動車保険に加入する場合、そのディーラー、代理店に保険料の約15%が支払われます。

 

しかし通販型の場合、契約者が直接、損害保険会社とやりとりするためこの中間コストが発生しません。よってより安い保険料を提供できる仕組みとなっているのです。

 

損害保険会社に営業職が少ないから

 

通販型自動車保険は直接、契約者とやりとりをするため、中間に立つ保険代理店やディーラーを管理するコストがほとんど生じません。

 

代理店型の自動車保険を扱う損害保険会社であれば、いわゆる総合職の営業社員が新規の代理店やディーラーを開拓したり、既存の取引先を維持する必要があり、そこにコストがかかってきます。

 

通販型はそうした部分が省略できるため、安い保険料を実現できるようになっています。

 

リスクを細分化して保険料を設定するから

 

通販型自動車保険の特徴のひとつに、契約者の様々な条件によって保険料を細かく分けていることが挙げられます(リスク細分型)

 

年齢、等級、使用目的(通勤やレジャーなど)、地域、年間走行距離、免許証の色(ブルーやゴールド)などの条件で保険料が変動するため、特に走行距離が少なめで優良なドライバーほど保険料が安くなる傾向にあります。

 

 

まとめ

 

代理店やディーラーを通さず、契約者が直接、損害保険会社とやりとりする通販型自動車保険は、その仕組みから安い保険料を実現している点が一番のメリットです。

 

ただし、代理店が存在しないことや、より安い保険料を実現しようとするあまりに事故対応やサポート体制が不十分なケースがあるというデメリットも存在します。

 

通販型自動車保険を選ばれる際には契約内容をしっかり把握し、代理店型自動車保険との違い、メリット・デメリットをしっかり把握していく必要があります。

 

当サイトの各社の比較ランキング・評価レビューもぜひご参照ください。

 

最短5分!最大20社の自動車保険料を一括見積もり&比較する


1分でできる!車が一番高く売れる無料一括査定

 

ローコスト&事故対応力で徹底比較!ダイレクト自動車保険ランキング


<PR>ベストな自動車保険選びは保険料の比較から

各損保のロゴ


自動車保険を選ぶなら、まず先に保険料の比較から始めるのが効率的です。


様々な条件で変動する自動車保険料の比較は「一括見積もりサイト」を利用するのが最も便利です。


安心の大手「保険スクエアbang」なら、最短5分最大20社の一括見積もりが可能です。


↓見積もりはこちらから↓

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ



スポンサーリンク





カテゴリ一覧

<PR>1分でできる!車が一番高く売れる無料一括査定

車と女性 


車はどこに売るかによって大きな金額差が出ることをご存知ですか?


車種によっては20〜30万円もの差となる各社の買い取り価格は、なるべく多くの見積もりをとるのがベストです。


一括見積もりサービス「かんたん車査定ガイド」なら最短1分の申し込みで、最大10社の一括査定を受けられます。



ボタン 査定サイトへ 





ホーム 目次 最新ランキング 賢い自動車保険のコツとは?