自動車保険の必要&おすすめ特約は弁護士&対物超過

自動車保険の必要&おすすめ特約は2つだけ!弁護士&対物超過

ヘッダー 特約の選び方

 

 

特約は2つで十分!

 

 

自動車保険(任意保険)のプランを組んでいくうえで悩みやすいのが「特約をどうするか」という問題です。

 

現在、各社の自動車保険には基本補償に加えて様々な特約が用意されていますが、これらを「念のため」と思っていろいろつけていると、どんどん保険料が上がってしまいかねません。

 

当サイトでおすすめしている通販型自動車保険(ダイレクト自動車保険)は、基本的に契約者が自分で補償プランを決めていく必要があるため、へたをすると不必要な特約にお金をかけすぎてしまう危険性もあります。

 

ではどうすれば良いでしょうか?

 

大切なポイントは、まず最低限必要な特約を絞ることです。結論から言うと自動車保険の特約で必要なものは「弁護士費用特約」「対物超過修理費特約」の二つがあれば十分です。

 

ではこの2つの特約はどんな特徴、メリットを持つのでしょうか?また、それ以外に検討すべき特約はあるのでしょうか?

 

以下に説明します。

「そもそも自動車保険ってどんな仕組み?」「ダイレクト自動車保険って何?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


イチからわかる!ダイレクト自動車保険おすすめ比較ランキング2017



<PR>当サイトでは自動車保険の効率的な選び方としてまず「各社の保険料を比較する」ことからおすすめしています。自分の車の保険料を見積もりたい方は先に以下をご利用ください。



▼最短5分!最大20社の一括見積もり(無料)

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ

※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ


スポンサーリンク

 

 

そもそも自動車保険の特約って何?

 

まずそもそも、「自動車保険の特約」とは一体何を指すのでしょうか?

 

自動車保険(任意保険)は、「対人賠償保険」「対物賠償保険」「車両保険」などの複数の保険がセットになった基本補償と、それに追加的な補償サービスである特約で構成されています。

 

 

自動車保険=基本補償+特約

 

 

※参考 当サイトのおすすめ自動車保険プラン

当サイトおすすめプラン


対人賠償保険 : 無制限
対物賠償保険 : 無制限
人身傷害保険 : 3000万円
搭乗者傷害保険 : 不要
車両保険 : 状況によって必要


必要な特約

  • 弁護士費用の補償
  • 対物超過修理費用の補償
  • ファミリーバイク特約(原付バイク所有者のみ)

※「無保険車傷害保険」と「自損事故保険」は自動セットされるので検討対象外。

 

 

そして、特約には主に以下のものが挙げられます。

 

 

  • 弁護士費用の補償
  • レンタカー費用の補償
  • 所持品の補償
  • ファミリーバイク特約
  • 等級プロテクト
  • 形成手術費用の補償
  • ペットの治療費の補償
  • 他車運転の補償

 

 

自動車保険の基本補償はどこもほぼ同じ内容で差がつきにくいため、かつては各社ともこの特約を工夫して様々な種類をつくり、独自性をアピール&収益の増加を狙う傾向にありました。

 

しかし、特約をつくりすぎたことは保険の複雑化を招き、契約者が内容を理解できない、不払いが増加するなどの問題が深刻化しました。

 

現在は各社とも特約の種類は少なめに抑えられるようになり、特にその傾向は通販型自動車保険で顕著です。

 

 

※通販型自動車保険 各社の特約数

会社名

特約の数

ソニー損保

イーデザイン損保

13

アメリカンホーム

セゾン(おとなの自動車保険)

セコム損保

三井ダイレクト

15

そんぽ24

SBI損保

チューリッヒ

12

アクサダイレクト

12

 

 

最近はペットブームの影響を受けて「ペットが帰宅できなかった場合のホテル代を補償する」などのユニークな特約も出てきています。

 

しかし、通販型は契約者が自ら補償プランを決めて契約するということもあり、基本的に特約は少なめ&シンプルな内容にまとめられています。

 

 

 

最低限必要な特約は2つ!「弁護士費用特約」「対物超過」

 

では、これらの特約をどう選び分けていけば良いのでしょうか?

 

まず言えることは、そもそもほとんどの特約は必須のものではないということです。

 

例えば、以下の特約。

 

  • 車に積んでいたものが破損した場合の補償
  • ペットの宿泊費・治療費の補償
  • レンタカー費用の補償

 

これらは「不要」とまでは言いませんが、大した金額にはならず、わざわざ保険で備えるレベルのものではありません。

 

そもそも保険の本質は「貯蓄だけではまかないきれない大きな損害に備える」ことにあります。

 

数千万〜1億円以上の損害賠償が発生しうる対人賠償保険や対物賠償保険などは絶対に必要なものですが、ほとんどの特約はなくても大きく困ることはありません。貯蓄で十分カバーが可能です。

 

「なるべく安く、でもしっかりと安心を手に入れたい」と考えるなら特約は最大限削り、必要最低限のものだけをピックアップして考えていくのがベストです。

 

そう考えた場合、必要最低限な特約は2つに絞られます。「弁護士費用特約」と「対物超過修理費用特約」です。

 

 

もらい事故でも弁護士を使える!「弁護士費用特約」

交渉 

 

契約者が運転していて事故を起こすと、基本的には損保会社が相手方との交渉にあたります。

 

しかし、事故が起きても損保会社が相手方と交渉してくれないケースというのが存在します。

 

それがいわゆる「もらい事故」の場合です。例えば信号待ちで停車していたところに後ろから追突された場合などがこれにあたります。

 

なぜ、もらい事故で損保会社は動いてくれないのか。100%被害者側であるために損保会社は保険金を支払う必要がない、事故の当事者ではないからです。

 

しかし、専門的な知識や示談交渉の経験が乏しい契約者自らが相手方と損害賠償の交渉にあたるのは不安がつきまといます。

 

そんな時に使えるのが「弁護士費用特約」です。この特約があれば、もらい事故の場合でも弁護士に代理交渉を依頼することができます。

 

特約料は年間数千円程度ですので、法律や事故解決に自信が無い方には特に必要な特約です。

 

 

補償トラブルを防ぐ!対物超過修理費特約

クレーム

 

例えば私たちがもらい事故にあって車の修理費が50万円かかった場合、通常であれば相手方の入ってる損保会社から50万円が支払われます。

 

しかし、場合によっては30万円しか支払われないケースもあり得ます。どんな時か。その車の「時価額」が30万円と査定された場合です。

 

修理費が時価額を上回ったケースは「経済全損」といい、法律的には時価額までの補償で良いこととなっているのです。

 

こうしたケースは「全損案件」と呼ばれ、損保会社の社員も担当するのを嫌がります。

 

被害者側からすれば修理費が全額補償されないのはおかしいじゃないかとなり、交渉がもつれてトラブルになりやすいからです。

 

そんな場合に役立つのが「対物超過修理費特約」です。この特約があれば、時価額プラス50万円まで賠償額を上乗せすることができ、トラブル回避に役立ちます。

 

この特約も保険料は数百円〜二千円程度(等級により変動)なので、ぜひつけておきたいところです。

 

 

他に必要な特約は?

 

自動車保険の特約は、原則的に以上の2つで十分ですが、契約者の状況によっては他にも検討すべき特約はあります。以下にその代表を2つ挙げます。

 

ファミリーバイク特約

バイク

 

契約者本人とその家族が所有するバイクで事故を起こした時の損害を補償してくれる特約です。

 

自動車保険とは別にバイク保険に加入する方法もありますが、自動車保険の特約として加入することで保険料を安く抑えられたり手続きが簡単になるというメリットがあります。

 

バイク事故も大きな賠償責任が発生する可能性がありますので、所有している方ならぜひ加入しておきたいところです。

 

個人賠償責任特約

自転車事故 

 

個人賠償責任特約とは、ひとことで言うと「私たちが日常生活で起こしたほとんどの賠償事故を補償してくれる特約」です。

 

例えば

 

 

  • 自転車事故で相手にケガを追わせてしまった
  • ショッピングをしている最中に誤って商品を破損させてしまった
  • 子どもが遊んでいたら近所の家の窓ガラスを割ってしまった
  • 風呂場で水を出しっぱなしにしていたら下の階に水漏れしてしまった
  • 飼い犬を散歩させていたら他人に噛み付いてケガをさせてしまった

 

 

このように、生活の中で起こる様々な倍賞事故のほとんどをカバーしてくれます。しかもひとりが加入すればその家族全員が補償の対象となります。

 

かつては「個人賠償責任保険」という独立した保険だったのですが、採算の問題から現在では自動車保険や火災保険、家財保険の特約のひとつとして組み込まれるようになっています。

 

この特約も「よく自転車を運転する」「小さい子供がいる」などの場合にはぜひつけておきたいところです。

 

ちなみに現在、個人賠償責任特約を付加できる通販型自動車保険の中で最も充実した内容を持っているのがセゾン「おとなの自動車保険」です。

 

 

個人賠償責任特約の比較

 

補償額

示談代行サービス

年間特約料

イーデザイン損保

×

×

×

ソニー損保

1億円

約1200円

セゾン(おとなの自動車保険)

無制限

約1500円

セコム損保

3億円

約1000円

三井ダイレクト

×

×

×

そんぽ24

無制限

1860円

SBI損保

×

×

×

チューリッヒ

1億円

×

約2500円

アクサダイレクト

3000万円

他の特約とセット

※2017年9月時点

 

参照
ベストの個人賠償責任特約なら「おとなの自動車保険」!

 

 

まとめ

 

自動車保険の基本補償に追加する特約は「弁護士費用補償」と「対物超過修理費特約」の2つが必須となります。

 

そして契約者の状況によっては「ファミリーバイク特約」「個人賠償責任特約」も検討すべきです。

 

特約は基本的にこの4種類で十分ですが、その他の特約も吟味して自分のカーライフに必要と感じた場合には付加することも検討してみましょう。

 

ただしその場合は必ず保険料をシミュレーションして、必要性の薄い特約にお金をかけすぎていないかを慎重に判断するようにしましょう。

 

当サイトの比較ランキング・評価レビューもぜひご参照ください。

 

最短5分!最大20社の自動車保険料を一括見積もり&比較する


1分でできる!車が一番高く売れる無料一括査定

 

ローコスト&事故対応力で徹底比較!ダイレクト自動車保険ランキング


<PR>ベストな自動車保険選びは保険料の比較から

各損保のロゴ


自動車保険を選ぶなら、まず先に保険料の比較から始めるのが効率的です。


様々な条件で変動する自動車保険料の比較は「一括見積もりサイト」を利用するのが最も便利です。


安心の大手「保険スクエアbang」なら、最短5分最大20社の一括見積もりが可能です。


↓見積もりはこちらから↓

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ



スポンサーリンク





カテゴリ一覧

<PR>1分でできる!車が一番高く売れる無料一括査定

車と女性 


車はどこに売るかによって大きな金額差が出ることをご存知ですか?


車種によっては20〜30万円もの差となる各社の買い取り価格は、なるべく多くの見積もりをとるのがベストです。


一括見積もりサービス「かんたん車査定ガイド」なら最短1分の申し込みで、最大10社の一括査定を受けられます。



ボタン 査定サイトへ 





ホーム 目次 最新ランキング 賢い自動車保険のコツとは?