ロードサービスから比較する自動車保険比較ランキング

2017年9月更新:ロードサービスで比較する自動車保険ランキング

整備士

 

会社名クリックで評価レビューへ

 

ロードサービス

事故対応力

保険料の安さ

総合評価

ソニー損保

A 

A+

B

A

セゾン(おとなの自動車保険)

A

B+

A

A

チューリッヒ

A

A

A

A

SBI損保

A

B

A

B+

イーデザイン損保

B+ 

B+

B+

B+

アクサダイレクト

B+ 

B

B+

B

そんぽ24

B+

B

C

B

三井ダイレクト

B+

B

B+

B

セコム損保

B 

B

C

B

会社名クリックで評価レビューへ

 

参考資料

  • JDパワー自動車保険・事故対応満足度調査
  • オリコン事故担当者満足度調査
  • 価格.com自動車保険満足度ランキング
  • 「週刊ダイヤモンド」自動車保険ランキング
  • 各社公式サイト

「そもそも自動車保険ってどんな仕組み?」「ダイレクト自動車保険って何?」「今のおすすめ商品は?」など、基本をイチから知りたいという方はまず以下のページから御覧ください。


イチからわかる!ダイレクト自動車保険おすすめ比較ランキング2017



<PR>当サイトでは自動車保険の効率的な選び方としてまず「各社の保険料を比較する」ことからおすすめしています。自分の車の保険料を見積もりたい方は先に以下をご利用ください。



▼最短5分!最大20社の一括見積もり(無料)

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ

※「保険スクエアbang!」の一括見積もりへ


スポンサーリンク

 

 

各社のロードサービスに大きな差はない

 

ロードサービスとは、車が動かなくなった際のレッカー移動、バッテリー上がりからの復旧、ガス欠時の給油、カギの閉じ込みなど車のトラブル全般に対してサポートしてくれるサービスです。

 

ロードサービスと言えば昔からJAFが有名ですが、現在は各保険会社も提供しておりその内容も充実しています。

 

参照
JAFと自動車保険のロードサービスの違いとは?(準備中)

 

 

保険会社の中にはチューリッヒのようにロードサービスの充実度をアピールしているところもあり、自動車保険を選ぶ際のポイントとして気になる方も多いのではないでしょうか。

 

ただ先に結論を言ってしまうと、各社のロードードサービスはどこも標準的なレベルを満たしており、違いは小さなものでしかありません。

 

よって、「保険料の安さ」や「事故対応力」に比べて自動車保険選びの際の比較重要度は低いです。

 

自動車保険選びは、まず「保険料」「事故対応力」に注目して、そのうえでプラスアルファの要素としてロードサービスを比較するのが正しい捉え方となります。

 

 

評価ポイントは「無料レッカー距離」「バッテリー上がり対応」「帰宅宿泊費の補償」

 

「基本的に各社のロードサービスに大きな差はない」。それを踏まえたうえで違いが出る部分を比較すると以下のようになります。

 

 

 

無料レッカー距離

バッテリー上がりの無料対応

帰宅・宿泊費の補償

評価

セゾン(おとなの自動車保険) 約300km 帰宅費用2万円・宿泊費用1万円 A
ソニー損保 50km ○ 1年契約で1回のみ無料 帰宅費用2万円・宿泊費1.5万円 A
SBI損保 50km ○ 保険期間中2回まで無料 帰宅費用2万円・宿泊費用1.5万円 A
チューリッヒ 100km ○ 保険期間中1回まで無料 帰宅・宿泊費ともに無制限。 A
イーデザイン損保 60km ○ 保険期間中1回まで無料 なし

B+

アクサダイレクト 35km ○ 保険期間中1回まで無料 帰宅・宿泊費ともに無制限

B+

三井ダイレクト 50km ○ 保険期間中1回まで無料 有料オプションが必要

B+

そんぽ24 100km ? 有料対応 帰宅・宿泊費ともに無制限

B+

セコム損保 100km × 有料対応 なし

B

 

 

ロードサービスの内容は様々な種類がありますが、ここではより重要性の高い以下の3点を中心にランクづけしています。

 

  • 無料レッカー距離数
  • バッテリー上がり無料対応数
  • 車が使えなくなった際の帰宅・宿泊費の補償

 

無料レッカー距離については「レッカー利用の9割は50km以内」というデータがあるので、50km以上を優良な設定と判断します。

 

ちなみにロードサービスにおいて最も重要な要素は、カバーする地域の広さを示す「出動拠点数」ですが、ダイレクト自動車保険においては各社とも約3000〜9000拠点とすべてJAFを上回っていて十分な体制が整えられているため、ここでは比較対象としていません。

 

 

おとなの自動車保険、そんぽ24、ソニー損保が充実

 

そうして比較していくと、ロードサービスにおいて上位レベルの優秀さを持つのは、3つの評価ポイントですべて高水準のソニー損保、セゾン「おとなの自動車保険」、チューリッヒ、SBI損保となります。

 

 

<ソニー損保>

ソニー損保公式サイト

 

<セゾン おとなの自動車保険>

セゾン公式サイト

 

<SBI損保>

SBI損保公式サイト

 

<チューリッヒ>

公式サイト

 

 

ダイレクト自動車保険のなかでも、特に広告などでよく目にするような損保会社はどこもサービスの拡充に力を入れており、内容が似てくる傾向があります。

 

ロードサービスの充実に重点を置いた自動車保険選びをしたいなら、まずこの4社に注目してみるのも良いでしょう。

 

 

自動車保険選びは「事故対応力」と「保険料」のバランス重視で!

検討する女性

 

もう一度繰り返しますが、自動車保険選びで最も大事なのは「事故対応力&保険料の安さのバランス」であり、ロードサービスはプラスアルファの要素でしかありません。

 

そして各社ともロードサービスは標準レベルを満たした内容となっています。

 

上記の表に示した各社のロードサービスの違いはあくまで「無料対応できる範囲の違い」であり、追加料金がかかったとしてもせいぜい数千円〜数万円です。

 

保険の本質は貯金で対応しきれないリスクに備えることですから、ロードサービスの優劣にこだわりすぎてその他の重要な要素を見落とすことがないように気をつける必要があります。

 

自動車保険を選ぶなら、まず「保険料の安さと事故対応力のバランス」を重視して、それから各社の特徴、メリット・デメリットを比較していくことをおすすめします。

 

当サイトの各社の比較レビューやおすすめプランもぜひご参照ください。

 

最短5分!最大20社の自動車保険料を一括見積もり&比較する


1分でできる!車が一番高く売れる無料一括査定

 

ローコスト&事故対応力で徹底比較!ダイレクト自動車保険ランキング

 

結論!ローコスト&安心を重視したベストな自動車保険プランとは?


<PR>ベストな自動車保険選びは保険料の比較から

各損保のロゴ


自動車保険を選ぶなら、まず先に保険料の比較から始めるのが効率的です。


様々な条件で変動する自動車保険料の比較は「一括見積もりサイト」を利用するのが最も便利です。


安心の大手「保険スクエアbang」なら、最短5分最大20社の一括見積もりが可能です。


↓見積もりはこちらから↓

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ



スポンサーリンク





カテゴリ一覧

<PR>1分でできる!車が一番高く売れる無料一括査定

車と女性 


車はどこに売るかによって大きな金額差が出ることをご存知ですか?


車種によっては20〜30万円もの差となる各社の買い取り価格は、なるべく多くの見積もりをとるのがベストです。


一括見積もりサービス「かんたん車査定ガイド」なら最短1分の申し込みで、最大10社の一括査定を受けられます。



ボタン 査定サイトへ 





ホーム 目次 最新ランキング 賢い自動車保険のコツとは?